1月の歳時記と年中行事

1月の歳時記

1月15日の記念日・ウィキペディアの日・半襟の日

1月15日は数少ないながらも記念日がいくつか登録・制定されています。115で「いいご」から「いいごはん」なんていう記念日はあるのかな?と想像は出来ますが、実際にどんな記念日があるか紹介します。
1月の歳時記

1月14日の記念日・タロとジロの日・マンリーデー

1月14日は数少ないながらも記念日がいくつか登録・制定されています。114で「いいよ」は想像出来ますが、どういった記念日があるのか紹介していきます。
1月の歳時記

1月13日の記念日・たばこの日

1月13日は数少ないながらも記念日がいくつか登録・制定されています。113でどういう語呂合わせがあるか考えても思いつきにくい日だけに記念日の数も少ないのですが、どういった記念日があるか紹介していきます。
1月の歳時記

1月12日の記念日・スキーの日・桜島の日

1月12日には少ないながらも記念日がいくつか登録・制定されています。語呂合わせではちょっと想像がつかないだけに、どういった記念日があるのか、紹介していきます。
1月の歳時記

1月11日の記念日・塩の日・イラストレーションの日

1月11日は1が3つ並ぶことから、記念日が多く登録・制定されていると思いきや、それほど多くの記念日は登録されていません。1月11日の記念日を紹介していきます。
1月の歳時記

鏡開き

鏡開きは、日本の年中行事の1つです。お正月に供えた鏡餅を下げて食べる風習として江戸時代から続いています。どういった起源があり、どのようなことを行うのか詳しく説明します。
1月の歳時記

出初式

出初式は、全国各地で行われる消防署・消防関係者による、仕事始めの行事です。新春恒例の行事であり、最近でも小さいお子さんから年配の方まで多くの方が楽しみにしている行事になっています。出初式について詳しく説明します。
1月の歳時記

小正月と小正月に関する行事

小正月の伝統行事と言われる行事はいろいろありますが、そもそも小正月って何?と思う人の方が多いのでは無いでしょうか?小正月があるのなら大正月はあるのかよ!と思ったり。小正月とは何なのか、どういった意味があり、どういうことが行われるのか説明します。
国民の祝日

成人の日・成人式

成人の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり、新成人となる人に対して「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」日とされています。元々はどういう日で、どういう意味があったのか詳しく説明します。
1月の歳時記

1月10日の記念日・110番の日・明太子の日

1月10日は数多くの記念日が登録・制定されています。1と10で110となり110番の日があるのかな?と思いますよね。1月10日にはどういった記念日があり、どういった意味で制定されたのか紹介します。
1月の歳時記

1月9日の記念日・風邪の日・とんちの日

1月8日は少ないながらも記念日が登録・制定されています。1月8日はどういった記念日があり、どういう意味があるのか紹介します。
1月の歳時記

1月8日の記念日・外国郵便の日・勝負事の日

1月8日にはそこそこ記念日が登録・制定されています。1月8日にはどういった記念日があり、どういった意味で制定されたのか紹介します。
国民の祝日

元日・元旦との違いも説明

元日と言えば1月1日のことであり、お正月のことを指す言葉ですが、国民の祝日にもなっています。また似た言葉で「元旦」もありますが、元日との違いがあるのか疑問に思う方もいると思います。元日と元旦について詳しく説明します。
1月の歳時記

1月7日の記念日・爪切りの日・千円札の日

1月7日にはそこそこの記念日が登録・制定されています。1月7日にはどういった記念日があり、どういった意味で制定されたのか紹介します。
五節句・雑節・縁日

七草粥と七草の節句(人日)

七草粥は、1月7日に行われる年中行事の1つです。また1月7日は「七草の節句」といったり「人日」と言うこともあり、1月の歳時記とも言えます。七草粥・七草の節句・人日は何が元となって、どういう行事であり、どういう意味があるのか、詳しく説明します。
1月の歳時記

1月6日の記念日・色の日・ショートケーキの日

お正月気分も抜け始めてくる1月6日にも記念日が登録・制定されています。1月6日にはどういった記念日があり、どういった意味で制定されたのか紹介します。
1月の歳時記

1月5日の記念日・いちごの日・囲碁の日・シンデレラの日

1月5日は、それほど多くないものの記念日がいくつか登録・制定されています。1月4日までは非常に少ない記念日ですが、1月5日以降からいろいろな活動が始まり記念日も増えてくるようです。1月5日の記念日を紹介します。
1月の歳時記

1月4日の記念日・石の日・世界点字デー

1月4日にはあまり記念日が登録・制定されていません。1月4日だと仕事始めとなること企業も多く、年明けすぐに記念日登録しても忙しい中、PR活動が出来ないとして登録されてないのかもしれませんね。少ないながら1月4日の記念日を紹介します。
1月の歳時記

1月3日の記念日・瞳(ひとみ)の日・駆け落ちの日

1月3日にはあまり記念日が登録・制定されていません。語呂合わせで考えれば1と3で「ひとみ」となりますが、お正月期間でもあり、PR活動をする上でもあまり設定したくない期間なのかもしれませんが、少ないながらも存在する1月3日の記念日を紹介します。
1月の歳時記

1月2日の記念日・月ロケットの日

1月2日にはあまり記念日が登録・制定されていません。お正月期間でもあり、PR活動をする上でもあまり設定したくない期間なのかもしれませんが、少ないながらも存在する1月2日の記念日を紹介します。
1月の歳時記

1月1日の記念日・鉄腕アトムの日

1月1日には数多くの記念日が登録・制定されていると思いきや、それほど多くの記念日は登録されていません。語呂合わせで決めることが多い記念日ですが1と1であまり良い語呂合わせが無いからかもしれません。1月1日の記念日を紹介します。
1月の歳時記

睦月と1月の異称・別称

睦月は1月の和風月名ですが、どうして睦月というのか、どういう意味があるのかまで知っている方は少ないですよね。睦月について詳しく説明した上で、1月の他の言い方・異称についても説明します。
二十四節気

大寒-二十四節気 第24であり十二月中

大寒は、例年1月20日ころに訪れる二十四節気で24番目・最後の暦で、十二月中とも言われています。「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と暦便覧には記されており、寒さが最も厳しくなるころとされています。あまり使われない言葉ですが、大寒について説明します。
二十四節気

小寒-二十四節気 第23であり十二月節

小寒は、例年1月6日もしくは1月5日頃に訪れる二十四節気の23番目の暦で、十二月節とも言われています。「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と暦便覧には記されており、暦の上で寒さが最も厳しくなる時期の前半とされています。あまり使われない言葉ですが、小寒について説明します。
五節句・雑節・縁日

初大黒・初甲子祭とは

初大黒とは、大黒天の縁日として1月最初の甲子の日のことです。ただし宗派・宗教、社寺によって異なる日に設定してあることがあります。初大黒について詳しく説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました