1月10日の記念日・110番の日・明太子の日

1月10日の記念日・110番の日・明太子の日 1月の歳時記

1月10日は数多くの記念日が登録・制定されています。

1と10で110となり110番の日があるのかな?と思いますよね。

1月10日にはどういった記念日があり、どういった意味で制定されたのか紹介します。

110番の日

1985年(昭和60年)12月に警視庁が制定し、翌年の1986年(昭和61年)より実施しています。

110番を日付にすると、1月10日となることからこの日となった。110番通報の大切さとその適切な利用をアピールするのが目的です。

参考までに110番制度が誕生したのは、1948年(昭和23年)の10月1日です。

明太子の日

福岡の食品会社ふくやが制定しました。

1949年1月10日に販売を開始したのを記念としています。

参考:明太子の日 ふくや

かんぴょうの日

栃木県干瓢商業協同組合が制定しました。

栃木県宇都宮市で名産品の「かんぴょう」が楽しめる恒例の「栃木のかんぴょう祭り」が毎年1月の第四土曜日に開催されています。

漢字のかんぴょう(干瓢)の「干」の字が「一」と「十」で成り立っていることから、1月10日を「かんぴょうの日」と定めました。

毎年1月に開催するもので、かんぴょうの試食コーナーや、干瓢ボーリング、県産カットかんぴょうのつかみ取り、すし作りに便利な県産の味付かんぴょうとのりのセットを販売する「食品バザー」などチャリティーイベント盛りだくさんということです。

さんま寿司の日

三重県熊野市のさんま寿司保存会が2004年に制定しました。

熊野市の産田神社でこの日に行われる例祭の後の直会で、熊野灘沿岸の郷土食「さんま寿司」の原形とされる寿司が出されることから決めたそうです。

補幸器の日

神奈川県川崎市に本社を置き、補聴器の販売などを手がける有限会社堺堂が制定しました。

音は耳ではなく脳で聞くということがあまり知られていないため、補聴器を買っても使えないという人も少なくないそうです。同社は身体の一部として機能するまで何度も調整をしてから販売するそうです。

その「補聴器は慣れてから買うもの」というスタイルを多くの人に知ってもらうのが目的としています。

日付は補聴器を使う誰もが幸福を補う「補幸器」(ほこうき)となることを願い、同社の大貫悦信社長が補聴器研究に取り組むきっかけとなった父親の誕生日である1月10日にしたそうです。

ten.めばえの日

大阪府大阪市に本社を置く、読売テレビ放送株式会社が制定しました。

自局のニュース番組「かんさい情報ネットten.」の人気コーナーで、その日に生まれた赤ちゃんを紹介する「めばえ」、そのコーナー名にかけてこの日に番組を視てもらうことで、世の中への関心や家族との絆など、さまざまなものが「芽生える」日にとの思いが込められているそうです。

日付は「めばえ」のタイトルイラストの双葉マークを「0110」と見立て、番組名「ten.=10」にもかけて1月10日としたそうです。

伊藤くんの日

映画「伊藤くんAtoE」を手がけた「伊藤くんAtoE製作委員会」(申請者・株式会社博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)が制定しました。

モンスター級の【痛男】と崖っぷちアラサー【毒女】を中心に巻き起こる震撼恋愛ミステリー映画「伊藤くんAtoE」(主演・岡田将生・木村文乃)のPRが目的です。

日付は1と10で「伊(イ=1)藤(トウ=10)」と読む語呂合わせからとなっています。

ひものの日

愛知県名古屋市に本社を置き、ひものの専門店「塩干の太助」を運営する株式会社太助が制定しました。

日本の伝統食品としての干物を、より多くの人に知ってもらい、食べてもらうのが目的です。

日付は干物の「干」の字が「一」と「十」に分解できることからとなっています。

百十郎の日

岐阜県各務原市の日本酒の蔵元、株式会社林本店が制定しました。

同社のブランド「百十郎」の魅力を多くの人に知ってもらうのが目的です。

「百十郎」の名前は地元で明治から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者の市川百十郎氏に由来し、ラベルには歌舞伎独特の化粧法の隈取を取り入れ、海外では「one ten」の名前で親しまれているそうです。

日付は1と10で「百十郎」の「百十(110)」からとなっています。

インターンシップの日

採用コンサルティング事業などを展開するルーキーワークス株式会社が制定しました。

「インターンシップ」とは学生が就職、就業前の一定期間に企業で働くことで、この制度を導入する企業と、参加する学生の拡大と意識の啓蒙が目的です。

日付は1と10で「イン(1)ターン(10)」の語呂合わせからとなっています。

インターンの日

採用コンサルティング事業などを展開するルーキーワークス株式会社が制定しました。

「インターン」とは学生が就職、就業前の一定期間に企業で働く「インターンシップ」の略語で、この制度を導入する企業と、参加する学生の拡大と意識の啓蒙が目的です。

日付は1と10で「イン(1)ターン(10)」の語呂合わせからとなっています。

イトウの日

イトウ

最大1・5mを越える日本最大の淡水魚であり、絶滅危惧種に指定されている「イトウ」を展示する北海道北見市の「北の大地の水族館」(施設名:おんねゆ温泉・山の水族館)が制定しました。

同館の目玉生物である「イトウ」の認知度をさらに上げ、その保護の気運を高めるのが目的です。

日付は1と10で「イトウ」と読む語呂合わせからとなっています。

豊後高田市移住の日

大分県豊後高田市が制定しました。

「小さくてもキラリと光るまち」「夢をかたちに 未来に光り続けるまち」を目指し、さまざまな移住定住施策を進める同市が、子育て支援の充実、教育のまちづくりなどの施策を市民と共有して、地方創生の取り組みを再認識するが目的となっています。

日付は1と10で「移(1)住(10)」と読む語呂合わせからです。

ワンテンの日

京都府京都市に本社を置き、デジタルマーケティングの新しい可能性を開く、デジタルクリエイティブエージェンシーである株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングスが制定しました。

小さなものを大きくする、ひとつの形を多面的にする、伝えるものの幅と奥行きを広げる、そうした「1を10にするアイデア」を楽しむ日となっています。

日付は1と10で社名であり理念である1→10(ワン・トゥー・テン)の「ワン(1)テン(10)」の語呂合わせからです。

糸引き納豆の日

納豆を生産する事業者で組織された全国納豆協同組合連合会が制定しました。

大豆を納豆菌により発酵させた糸引き納豆は、健康効果や美容美肌効果などが得られるとされ、日本を代表する食品のひとつです。

日付は1と10で糸引きの糸(いと)の語呂合わせからとなっています。

また、この時期は受験の時期にあたるため、糸引き納豆の特徴であるその粘り強さで合格を祈念するという意味もあるそうです。

以上、1月10日の記念日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました