1月19日の記念日・のど自慢の日・家庭消火器点検の日

1月19日の記念日・のど自慢の日・家庭消火器点検の日 1月の歳時記

1月19日にはそれほど多くは無いもののいくつかの記念日が登録・制定されています。

119という数字から119番(消防・救急車)を想像しますが、どんな記念日が登録されているか紹介します。

のど自慢の日・カラオケの日

1946年(昭和21年)1月19日にNHKラジオで「のど自慢素人音楽会」(現在の『NHKのど自慢』)が放送開始されたことに由来して「のど自慢の日」とNHKが制定しました。

またのど自慢はカラオケとも言えます。だから1月19日にはカラオケの日にもなっています。

空気清浄機の日

日本電機工業会が2006年に制定しました。

「い(1)い(1)く(9)うき」の語呂合せから1月19日となっています。

花粉の飛散時期が春先に多くなり、空気清浄機の需要も比較的多くなります。その時期の前に、空気清浄機を正しく知っていただきたくことを目的としています。

家庭消火器点検の日

消火器は一般住宅におけるもっとも手軽な初期消火設備です。

これをさらによく人々に知ってもらい、家庭での点検、火災発生時の使い方などの認識を高めてもらおうと一般社団法人全国消防機器販売業協会が1991年10月に制定しました。

日付は消防への通報電話番号の119であることから1と19を用いたものです。

ちなみに11月9日は、消防庁の定めた「119番の日」となっています。

はっぴいおかん・大阪いちじくの日

大阪府羽曳野市で地元の名産品である「いちじく」を使った商品を製造販売するグループ「はっぴいおかん」が制定しました。

健康にも良いとされる「いちじく」の商品をより多くの人に知ってもらい、地元大阪を代表する特産品、お土産品にするのが目的となっています。

日付は1と19で「いち(1)じく(19)」と読む語呂合わせからです。

イチジク浣腸の日

浣腸をひと筋に作り続けるイチジク製薬株式会社が制定しました。

2015年に創業90年を迎えることを記念するとともに、さらに多くの人に浣腸薬のトップブランド「イチジク浣腸」を知ってもらうのが目的です。

日付は、1と19で「イチ(1)ジク(19)」の語呂合わせからとなっています。

また年末年始の乱れた食生活や、寒いための水分不足、運動不足による便秘が気になるこの時期を、快腸に過ごしてもらいたいとの願いも込められているそうです。

いいくちの日

ストレス、疲れ、加齢などにより唾液の分泌量が減少して起こる口の中のトラブルを防ぎ、清浄で健康な口にする「薬用ピュオーラハミガキ」を製造・販売する花王株式会社が制定しました。

歯のケアだけでなく口の中全体の口内環境を健康な状態に保つことの大切さに、意識を高めてもらうのが目的となっています。

日付は1と19を合わせた119を「いい(11)くち(9)」と読む語呂合わせからということです。

以上、1月19日の記念日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました