1月13日の記念日・たばこの日

1月13日の記念日・たばこの日 1月の歳時記

1月13日は数少ないながらも記念日がいくつか登録・制定されています。

113でどういう語呂合わせがあるか考えても思いつきにくい日だけに記念日の数も少ないのですが、どういった記念日があるか紹介していきます。

たばこの日・ピース記念日

1946年1月13日に高級たばこの「ピース」が10本入り7円で初めて発売されたことに由来しています。

当時のタバコは1箱10本入りで、20~60銭(100銭=1円)でした。ピースはこの時に7円という超高級タバコでした。それでもピースは売れていたそうです。

なお「ピース」は日本語にすると「平和」、戦後の動乱期にあたる日本で未来の平和を祈ってピースと命名されたそうです。

ただ年々タバコを吸う人の割合は減ってきていますが、そんな中、北海道は47都道府県の中で最も喫煙率が高くなっています。

さっぽろ雪まつり等で有名な大通公園も普段は半分以上で喫煙可になっています。札幌は人口200万人近い大都市ですが、他の都市よりも喫煙に関する意識は相当低くなっているのが、残念なところです。空気がよく美しい場所だけに。

遺言の意味を考える日

相続に関わるさまざまな問題を支援をする「NPO法人 えがおで相続を」が制定しました。

相続法の改正で遺言書の方式緩和が2019年1月13日から施行されました。

これにより遺言の手続きが一般の人にさらに身近になることから、遺言の大切さ、その意味を考えるきっかけの日とするのが目的とされています。

日付は法律が施行される日であり、1と13で「遺(1)言の意味(13)」との語呂合わせからです。

以上、1月13日の記念日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました