9月の歳時記・年中行事・記念日

9月の歳時記・年中行事・記念日 9月の歳時記

9月の歳時記・年中行事・風物詩と言えば、台風の時期や関東大震災があったことから防災意識が高まり、それに関連したものが増える月ですよね。

暦の上では完全に秋にはなるものの、まだまだ暑い日が続く9月は現代では晩夏と表現するのが良いのかもしれません。

そんな9月の歳時記・年中行事・風物詩・記念日を紹介します。

9月の歳時記・年中行事・記念日

9月中にある歳時記・年中行事・風物詩

日にちは完全には決まってないものの、9月中にある歳時記・年中行事・風物詩として忘れていけないものを紹介します。

社日

社日は、春分の日秋分の日に最も近い戊(つちのえ)の日のことです。

社日(春社・秋社)
社日は、雑節に数えることもある、産土神を祀る日です。春分の日・秋分の日に最も近い戊(つちのえ)の日が社日となります。社日はどういうことを行い、どういう起源があったのか説明していきます。

お彼岸

お彼岸は春分の日秋分の日の、それぞれ前後3日間を合わせた7日間です。

お彼岸
彼岸入りした、彼岸明けした、お彼岸だからお墓参りに行かなくちゃ、お彼岸という言葉はこのように今もよく使われていますが、そもそもお彼岸って何だろう?と思いませんか?お彼岸はいつからいつまでで、どういう意味があるのか説明します。

敬老の日

9月の第3月曜日が敬老の日となっています。

敬老の日
敬老の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」日となっています。特に日付に意味が持たせられていない祝日となっていますが、どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
9月の歳時記

9月18日の記念日・かいわれ大根の日・しまくとぅばの日

9月18日には、非常に少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。918という数字の並びから語呂合わせによる記念日は想像しにくいですが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
9月の歳時記

9月17日の記念日・モノレール開業記念日・イタリア料理の日

9月17日には、非常に少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。917という数字の並びから語呂合わせによる記念日は想像しにくいですが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
9月の歳時記

9月16日の記念日・競馬の日・牛とろの日

9月16日には、多くはないもののいくつかの記念日が登録・制定されています。916という数字の並びから語呂合わせによる記念日は想像しにくいですが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
9月の歳時記

9月15日の記念日・老人の日・石狩鍋記念日

9月15日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。915という数字からは語呂合わせによる記念日は想像しにくいですが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。なおこの日は元々敬老の日でした。
9月の歳時記

9月14日の記念日・コスモスの日・食いしん坊の日

9月14日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。914という数字からは語呂合わせは想像出来ませんが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月13日の記念日・世界の法の日・北斗の拳の日

9月13日には、非常に少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。913という数字からは語呂合わせは想像出来ませんが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月12日の記念日・宇宙の日・水路記念日

9月12日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。912という数字からは語呂合わせは想像出来ませんが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月11日の記念日・警察相談の日・公衆電話の日

9月11日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。911という数字の並びからあまり語呂合わせは想像できませんが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
9月の歳時記

9月10日の記念日・カラーテレビの日・牛たんの日

9月10日には、割と多くの記念日が登録・制定されています。910という数字からは「キューテン」等の語呂合わせによる記念日が想像出来ますが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月9日の記念日・九九の日・救急の日

9月9日には、多くの記念日が登録・制定されています。99という数字から語呂合わせでは「くく」「キューキュー」等が想像出来ますが、実際にはどんな記念日が登録・制定されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月8日の記念日・ハヤシの日・桑の日

9月8日は、割と多くの記念日が登録・制定されています。98という数字の並びからあまり語呂合わせは想像できませんが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
9月の歳時記

9月7日の記念日・クリーナーの日・CMソングの日

9月7日は、非常に少ないながらも記念日が記念日が登録・制定されています。97という数字の並びからあまり語呂合わせは想像できませんが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
9月の歳時記

9月6日の記念日・黒の日・カラスの日・松崎しげるの日

9月6日には、非常に多くの記念日が登録・制定されています。96という数字から語呂合わせは「クロ」等が想像出来ますが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月5日の記念日・石炭の日・国民栄誉賞の日

9月5日日には、多くは無いもののいくつかの記念日が登録・制定されています。95という数字からは語呂合わせは想像出来ませんが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月4日の記念日・くしの日・串の日・クラシック音楽の日

9月4日には、いくつかの記念日が記念日が登録・制定されています。94という数字から語呂合わせでは「くし」等が想像出来ますが、実際にはどんな記念日が登録・制定されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月3日の記念日・ホームラン記念日・草の日

9月3日には、いくつかの記念日が記念日が登録・制定されています。93という数字から語呂合わせでは「くさ」「ぐみ」等が想像出来ますが、実際にはどんな記念日が登録されているのか、紹介します。
9月の歳時記

9月2日の記念日・宝くじの日・くず餅の日

9月2日には、いくつかの記念日が記念日が登録・制定されています。92という数字の並びからあまり語呂合わせは想像できませんが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
9月の歳時記

9月1日の記念日・防災の日・イオンタウンの日・江ノ電の日

9月1日には、多くの記念日が記念日が登録・制定されています。91という数字の並びからあまり語呂合わせは想像できませんが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。
国民の祝日

敬老の日

敬老の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」日となっています。特に日付に意味が持たせられていない祝日となっていますが、どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
五節句・雑節・縁日

二百十日・二百二十日

二百十日 および 二百二十日は、雑節の1つで、立春を1日目として210日目と220日目を指します。あまり聞くことの無い雑節ですが、どういう意味があり、どういう経緯で作られた雑節なのか説明します。
五節句・雑節・縁日

社日(春社・秋社)

社日は、雑節に数えることもある、産土神を祀る日です。春分の日・秋分の日に最も近い戊(つちのえ)の日が社日となります。社日はどういうことを行い、どういう起源があったのか説明していきます。
2021.03.05
五節句・雑節・縁日

お彼岸

彼岸入りした、彼岸明けした、お彼岸だからお墓参りに行かなくちゃ、お彼岸という言葉はこのように今もよく使われていますが、そもそもお彼岸って何だろう?と思いませんか?お彼岸はいつからいつまでで、どういう意味があるのか説明します。
2021.03.05
国民の祝日

秋分・秋分の日-二十四節気 第16であり八月中

秋分は、例年9月23日ころに訪れる二十四節気の16番目の暦で、八月中とも言われています。「陰陽の中分なれば也」と暦便覧には記されており、日中(日の出から日没)が同じ長さの日と言われています(実際には日中の方が14分ほど長い)。国民の祝日にもなる秋分の日・秋分について説明します。
2021.03.05
二十四節気

白露-二十四節気 第15であり八月節

白露は、例年9月8日頃に訪れる二十四節気の15番目の暦で、八月節とも言われています。「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」と暦便覧には記されており、大気が冷えてきて、露ができ始めるころとされています。あまり使われない言葉ですが、白露について説明します。
2021.01.31
タイトルとURLをコピーしました