1月9日の記念日・風邪の日・とんちの日

1月9日の記念日・風邪の日・とんちの日 1月の歳時記

1月8日は少ないながらも記念日が登録・制定されています。

1月8日はどういった記念日があり、どういう意味があるのか紹介します。

風邪の日

1795年(寛政7年)旧暦1月9日、横綱・谷風梶之助が風邪(インフルエンザ)で亡くなったことにちなんで、風邪の日となりました。

横綱・谷風は大相撲史上最強と言われる雷電爲右エ門(通称 雷電)と同時期の力士です。

とんちの日・クイズの日

1月9日から1と9で一休さん、一休さんと言えば「とんち」ということで1月9日は「とんちの日」とされています。

また「とんち」を英語にすると「クイズ」ということで「クイズの日」とも言われることがあります。

なおいつ、誰がどのように制定したものかは不明となっています。

ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日

ジャマイカコーヒー輸入協議会が制定しました。

ジャマイカ産コーヒーの最大の需要国である日本とジャマイカの関係を大切に、ジャマイカ産コーヒーの名物である「ブルーマウンテンコーヒー」のさらなる普及が目的です。

日付はジャマイカ産コーヒーがキングストン港より日本向けに初めて1400袋(1袋は約60Kg)もの大型出荷をした1967年1月9日からとなっています。

今ではジャマイカ産のブルーマウンテンなんて、高くてそうそう飲めないものです。

以上、1月9日の記念日でした。

なお明治天皇が即位したのは旧暦ですが1月9日となっています(新暦では1867年2月13日)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました