干支とは

干支とは 干支

普段何気なくつかっている「干支」という言葉ですが、ほとんどは使い方を間違っていることはご存知でしょうか?

干支と言えば、ねずみ年とか午年等の12の動物を思い描くかと思いますが、12の動物で表すものは十二支と呼ばれるものです。

干支は十二支と十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)を組み合わせた60を周期とする数詞(数を表す言葉)です。

このコーナーでは、十二支として使われている干支と、本来の干支、両方について説明します。

干支の起源

干支は十干と十二支にわかれますが、それぞれで起源が異なります。

十干の起源

十干は、中国の殷(紀元前17世紀頃~紀元前1046年)にはあったとされています。

西洋ではユダヤ教・キリスト教の6日間で世界を作り7日目に休息したことから7日間を週とする基準を作ったと言われています。太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星の7つの天体が元とも言われており、諸説あります。そして1ヶ月を4分割していました。

古代中国では1ヶ月を3分割して「旬」(10日単位)という単位を作り、十干とい順序符号をつけました。

十干は順序符号、つまり1から10までを表す符号(しるし)だった訳です。

十二支の起源

古代中国では木星は特別な星でした。そして木星は地球から見た時、約12年で地球を1周するので、12という数字が時間を考える元となりました。

1年間の12ヶ月、子の刻・丑の刻といった1日を12の時間で区切るもの、時間の概念として12はよく使われた訳です。

古代中国において1から12までを表すのに使われたのが十二支です。

干支はなぜ60通りなのか?

干支は十干と十二支の組み合わせなので120通りになるはずなのに、60通りしかありません。それはなぜか?12と10の最小公倍数が60になるためですが、それだと意味がわからないと思います。

理由は

  • 十干は「甲・ 乙・ 丙・ 丁・ 戊・ 己・ 庚・ 辛・ 壬・ 癸」が順番で「 癸」が来たら、また「甲」に戻るというルール
  • 十二支は「子・ 丑・ 寅・ 卯・ 辰・ 巳・ 午・ 未・ 申・ 酉・ 戌・ 亥」が順番で「亥」が来たら、また「子」に戻るというルール

があるため、最小公倍数の60通りになったからです。

もっと干支が60通りになった理由は下記記事をご覧ください。

干支一覧

干支の一覧です。

干支一覧

順番や年代が入った干支の一覧は下記をご覧ください。

十二支の日について

土用の丑の日という言葉はよく聞かれます。また戌の日は安産祈願に良いともよく言われます。

他にも十二支の日はいろいろな言われがあり、運勢に影響してくることもあります。

十二支の日についてそれぞれを詳しく説明していきます。

子の日に関すること

十二支の子(ね=ねずみ)に当たる日を子の日と言います。

また正月の最初の子の日に、人々が野外に出て小松を引き抜いたり若菜を摘んだりし、宴遊を行って千代(ちよ)の長寿を祝う行事から転じて、正月七日の行事となりました。ただし、現在ではほぼ行われなくなっています。

ねずみ算式に増えると言われるほどネズミは子を生むことから、子の日は子宝祈願に向いていると言われています。

また甲子の日(きのえねのひ)は大黒天と縁のある日とされ、金運・商売繁盛に縁起の良い日とされており、縁結びにも良い日とされています。

丑の日に関すること

十二支の丑(うし)に当たる日を丑の日と言います。

丑の日と言えば「土用の丑の日」を想像する人が多いと思います。夏季の土用の丑の日には「う」のつくもの(主にウナギ)を食べると暑気あたりしないと言われています。

日本各地(主に西日本)では2月や11月の丑の日を特別の日として行事を行うところがあります。

寅の日に関すること

十二支の寅(とら)に当たる日を寅の日と言います。

寅は「千里を行って千里を帰る」という中国の諺からすぐに帰ってくるということで、旅行に行くのに良い日とされています。

また寅は黄色と黒は金運の象徴であり、最近では出ていたお金がすぐに戻ってくる解釈して、金運の良い日として財布を購入するのに良い日とされていたり、宝くじを買うのに良い日とされています。

反面、結婚だとすぐに戻ってきてしまう、葬儀だと死者が戻ってきてしまう、ということで結婚と葬儀には向いてないとされています。

卯の日に関すること

十二支の卯(う=うさぎ)に当たる日を卯の日と言います。

あまり馴染みの無い十二支の日ですが、うさぎは1度に数匹の子を生むことから卯の日は、子宝祈願に向いていると言われています。

また卯は跳ねることから相場に良い日とも言われています。

なお中国の一部やタイ・ベトナムではうさぎの代わりに猫が十二支の動物になっています。

辰の日に関すること

十二支の辰(たつ=龍)に当たる日を辰の日と言います。

龍の日と聞くと縁起が良さそうに思えますが、特に目立った縁起がある日にはなっていません。

一部の神社では辰の日に参拝に行くと、より一層力を与えていただき、守り助けてくれると言われています。

妙義神社では辰の日詣という言葉があり、力をいただき守って助けてくれるとされています。

住吉大社を始めとする住吉神社系列では、毎月最初の辰の日に参拝すると同じく力をいただき守って助けてくれるとされています。

巳の日に関すること

十二支の巳(み=蛇)に当たる日を巳の日と言います。

蛇(白蛇)は弁財天の遣いであるとされており、金運・財運の縁起が良い日とされています。

そのため寅の日同様、財布を購入するのに良い日とされていたり、宝くじを買うのに良い日とされています。

また弁財天が祀られている寺社に参拝に行くのにも良い日とされています。

更に己巳の日(つちのとみのひ・60日に1度)はより縁起が良いとされています。

午の日に関すること

十二支の午(うま=馬)に当たる日を午の日と言います。

稲荷神社に参拝に行くとより効果がある日とも言われています。

特に2月最初の午の日は全国の稲荷神社で「初午祭」が開催され、参拝するとご利益がより高まると言われています。

また初午の日にはいなり寿司を食べると良いとされています。

未の日に関すること

十二支の未(ひつじ)に当たる日を未の日と言います。

未の日は、特に何も無い日になっています。中には、吉祥(幸福・繁栄を意味する)の祥には羊本来の文字が含まれているから、未の日も縁起が良いという人もいますが、出典は見当たりません。

申の日に関すること

十二支の申(さる=猿)に当たる日を申の日と言います。

猿も分娩の軽い動物と言われており、戌の日についで安産祈願に良い日とされています。

また日枝神社では、猿が日枝神社のお使いでありことから、縁起の良い日とされています。

酉の日に関すること

十二支の酉(とり=鶏)に当たる日を酉の日と言います。

通常ではあまり気にしない酉の日ですが、11月の酉の日は一部の寺社で「酉の市」が行われ、熊手を買う人で賑わいます。

なお11月に3回酉の日がある年は火事が多くなる年と言われています。

戌の日に関すること

十二支の戌(いぬ=犬)に当たる日を戌の日と言います。

犬は分娩が軽い動物とされていることから、戌の日は安産祈願に良い日とされています。

特に妊娠5ヶ月目の戌の日には神社にいって安産祈願(ご祈祷)をしてもらうと良いとされています。

近くに神社があるのであれば、戌の日に安産をお祈りするのもおすすめです。

亥の日に関すること

十二支の亥の日(い=いのしし=猪)に当たる日を亥の日と言います。

なお十二支は中国が発祥ですが、中国では豚を意味しており、日本以外で十二支が伝わっている国でも豚のことを指します。

特に普段は何も無い亥の日ですが、旧暦10月の最初の亥の日は亥の子の日・亥の子の祝いとされており、「こたつ開き」「炉開き」といって暖房器具を出すと火事に合わないとされています。

現在は新暦で考えるため、11月の最初の亥の日が亥の子の日・亥の子の祝いとされています。

西日本では、亥の子餅を作って食べ万病除去・子孫繁栄を祈る習わしがあります。

干支

亥(い)-十二支

十二支(干支)で12番目・最後に来る「亥」、自分や家族、気になる人が亥の年だったり、来年の干支が亥年だと気になって調べることも多いと思います。亥はどういう干支で、どういう意味があるのか、亥の日や亥の年について詳しく説明します。
干支

戌(いぬ)-十二支

十二支(干支)で11番目に来る「戌」、自分や家族、気になる人が戌の年だったり、来年の干支が戌年だと気になって調べることも多いと思います。戌はどういう干支で、どういう意味があるのか、戌の日や戌の年について詳しく説明します。
干支

酉(とり)-十二支

十二支(干支)で10番目に来る「酉」、自分や家族、気になる人が酉の年だったり、来年の干支が酉年だと気になって調べることも多いと思います。酉はどういう干支で、どういう意味があるのか、酉の日や酉の年について詳しく説明します。
干支

申(さる)-十二支

十二支(干支)で9番目に来る「申」、自分や家族、気になる人が申の年だったり、来年の干支が申年だと気になって調べることも多いと思います。申はどういう干支で、どういう意味があるのか、申の日や申の年について詳しく説明します。
干支

未(ひつじ)-十二支

十二支(干支)で8番目に来る「未」、自分や家族、気になる人が未の年だったり、来年の干支が未年だと気になって調べることも多いと思います。未はどういう干支で、どういう意味があるのか、未の日や未の年について詳しく説明します。
干支

午(うま)-十二支

十二支(干支)で7番目に来る「午」、自分や家族、気になる人が午の年だったり、来年の干支が午年だと気になって調べることも多いと思います。午はどういう干支で、どういう意味があるのか、午の日や午の年について詳しく説明します。
干支

巳(み・へび)-十二支

十二支(干支)で6番目に来る「巳」、自分や家族、気になる人が巳の年だったり、来年の干支が巳年だと気になって調べることも多いと思います。巳はどういう干支で、どういう意味があるのか、巳の日や巳の年についても詳しく説明します。
干支

辰(たつ)-十二支

十二支(干支)で5番目に来る「辰」、自分や家族、気になる人が辰の年だったり、来年の干支が辰年だと気になって調べることも多いと思います。辰はどういう干支で、どういう意味があるのか、辰の日や辰の年について詳しく説明します。
干支

卯(う・うさぎ)-十二支

十二支(干支)で4番目に来る「卯」、自分や家族、気になる人が卯の年だったり、来年の干支が卯年だと気になって調べることも多いと思います。卯はどういう干支で、どういう意味があるのか、卯の日や卯の年について詳しく説明します。
干支

寅(とら)-十二支

十二支(干支)で3番目に来る「寅」、自分や家族、気になる人が寅の年だったり、来年の干支が寅年だと気になって調べることも多いと思います。寅はどういう干支で、どういう意味があるのか、寅の日や寅の年について詳しく説明します。
干支

丑(うし)-十二支

十二支(干支)で2番目に来る「丑」、自分や家族、気になる人が丑の年だったり、来年の干支が丑年だと気になって調べることも多いと思います。丑はどういう干支で、どういう意味があるのか、丑の日や丑の年について詳しく説明します。
干支

子(ね・ねずみ)-十二支

十二支(干支)の最初に来る「子」、自分や家族、気になる人が子の年だったり、来年の干支が子年だと気になって調べることも多いと思います。子はどういう干支で、どういう意味があるのか、子の日や子の年について詳しく説明します。
干支

癸(みずのと)-十干の10番目

癸は、十干の10番目に割り当てられ、もともと「撥(はかるの意)」を語源としており、草木の種子の内部にはらまれたものが、次第に形づくられて、その長さを測ることができるほどになった状態を表しています。癸にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

壬(みずのえ)-十干の9番目

壬は、十干の9番目に割り当てられた数詞です。壬はもともと「妊(はらむの意)」を語源としており、草木の種子の内部に更に新しいものがはらまれる状態を表しています。壬にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

辛(かのと)-十干の8番目

辛は、十干の8番目に割り当てられた数詞です。辛はもともと「新(あらたまるの意)」と同語で、草木が枯死して、新しくなろうとする状態を表しています。辛にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

庚(かのえ)-十干の7番目

庚は、十干の7番目に割り当てられた数詞です。庚はもともと「更(あらたまるの意)」と同語で、草木が成熟固結して行き詰まった結果、自ら新しいものに改まっていこうとする状態を表しています。庚にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

己(つちのと)-十干の6番目

己は、十干の6番目に割り当てられた数詞です。己はもともと「紀(すじ)」を語源とし、草木が十分に繁茂して盛大となり、かつその条理の整然となった状態を表しています。己にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

戊(つちのえ)-十干の5番目

戊は、十干の5番目に割り当てられた数詞です。戊はもともと「茂(しげる)」を語源とし、草木が繁茂して盛大となった状態を表しています。戊にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

丁(ひのと・てい)-十干の4番目

丁は、十干の4番目に割り当てられた数詞です。丁はもともと「丁壮(壮年の男子の意味)」と同意で、草木の姿かたちが充実した状態を表しています。丁にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

丙(ひのえ・へい)-十干の3番目

丙は、十干の3番目に割り当てられた数詞です。丙はもともと「炳(あきらかの意)をその語源としており、草木が伸長して、その姿かたちが著明になった状態を表しています。丙にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

乙(きのと・おつ)-十干の2番目

乙は、十干の2番目に割り当てられた数詞です。乙はもともと「軋(きしる)」を語源としており、草木の幼芽がいまだ自由に伸長しないで、屈曲している状態を表しています。乙にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく説明します。
干支

甲(きのえ・こう)-十干の1番目

甲は、十干の1番目で割り当てられた数詞です。甲の字は亀の甲羅を形取ったもので、そこから、甲羅のような堅い殻に覆われた種の状態の意味として、十干の一番目に宛てられました。甲にはどういう意味があり、どういう干支が割り当てられているか詳しく明します。
干支

癸亥・癸亥の日・癸亥の年について

癸亥は、60通りある干支の中で60番目・最後に位置しています。癸亥とはどういうことなのか、癸亥の日・癸亥の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における癸亥についても説明します。基本的に癸亥は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

壬戌・壬戌の日・壬戌の年について

壬戌は、60通りある干支の中で59番目に位置しています。壬戌とはどういうことなのか、壬戌の日・壬戌の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における壬戌についても説明します。基本的に壬戌は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

辛酉・辛酉の日・辛酉の年について

辛酉は、60通りある干支の中で58番目に位置しています。辛酉とはどういうことなのか、辛酉の日・辛酉の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における辛酉についても説明します。基本的に辛酉は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

庚申・庚申の日・庚申の年について

庚申は、60通りある干支の中で57番目に位置しています。庚申とはどういうことなのか、庚申の日・庚申の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における庚申についても説明します。基本的に庚申は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

己未・己未の日・己未の年について

己未は、60通りある干支の中で56番目に位置しています。己未とはどういうことなのか、己未の日・己未の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における己未についても説明します。基本的に己未は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

戊午・戊午の日・戊午の年について

戊午は、60通りある干支の中で55番目に位置しています。戊午とはどういうことなのか、戊午の日・戊午の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における戊午についても説明します。基本的に戊午は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丁巳・丁巳の日・丁巳の年について

丁巳は、60通りある干支の中で54番目に位置しています。丁巳とはどういうことなのか、丁巳の日・丁巳の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丁巳についても説明します。基本的に丁巳は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丙辰・丙辰の日・丙辰の年について

丙辰は、60通りある干支の中で53番目に位置しています。丙辰とはどういうことなのか、丙辰の日・丙辰の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丙辰についても説明します。基本的に丙辰は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

乙卯・乙卯の日・乙卯の年について

乙卯は、60通りある干支の中で52番目に位置しています。乙卯とはどういうことなのか、乙卯の日・乙卯の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における乙卯についても説明します。基本的に乙卯は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

甲寅・甲寅の日・甲寅の年について

甲寅は、60通りある干支の中で51番目に位置しています。甲寅とはどういうことなのか、甲寅の日・甲寅の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における甲寅についても説明します。基本的に甲寅は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

癸丑・癸丑の日・癸丑の年について

癸丑は、60通りある干支の中で50番目に位置しています。癸丑とはどういうことなのか、癸丑の日・癸丑の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における癸丑についても説明します。基本的に癸丑は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

壬子・壬子の日・壬子の年について

壬子は、60通りある干支の中で49番目に位置しています。壬子とはどういうことなのか、壬子の日・壬子の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における壬子についても説明します。基本的に壬子は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

辛亥・辛亥の日・辛亥の年について

辛亥は、60通りある干支の中で48番目に位置しています。辛亥とはどういうことなのか、辛亥の日・辛亥の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における辛亥についても説明します。基本的に辛亥は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

庚戌・庚戌の日・庚戌の年について

庚戌は、60通りある干支の中で47番目に位置しています。庚戌とはどういうことなのか、庚戌の日・庚戌の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における庚戌についても説明します。基本的に庚戌は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

己酉・己酉の日・己酉の年について

己酉は、60通りある干支の中で46番目に位置しています。己酉とはどういうことなのか、己酉の日・己酉の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における己酉についても説明します。基本的に己酉は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

戊申・戊申の日・戊申の年について

戊申は、60通りある干支の中で45番目に位置しています。戊申とはどういうことなのか、戊申の日・戊申の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における戊申についても説明します。基本的に戊申は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丁未・丁未の日・丁未の年について

丁未は、60通りある干支の中で44番目に位置しています。丁未とはどういうことなのか、丁未の日・丁未の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丁未についても説明します。基本的に丁未は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丙午・丙午の日・丙午の年について

丙午は、60通りある干支の中で43番目に位置しています。丙午とはどういうことなのか、丙午の日・丙午の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丙午についても説明します。基本的に丙午は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

乙巳・乙巳の日・乙巳の年について

乙巳は、60通りある干支の中で42番目に位置しています。乙巳とはどういうことなのか、乙巳の日・乙巳の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における乙巳についても説明します。基本的に乙巳は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

甲辰・甲辰の日・甲辰の年について

甲辰は、60通りある干支の中で41番目に位置しています。甲辰とはどういうことなのか、甲辰の日・甲辰の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における甲辰についても説明します。基本的に甲辰は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

癸卯・癸卯の日・癸卯の年について

癸卯は、60通りある干支の中で40番目に位置しています。癸卯とはどういうことなのか、癸卯の日・癸卯の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における癸卯についても説明します。基本的に癸卯は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

壬寅・壬寅の日・壬寅の年について

壬寅は、60通りある干支の中で39番目に位置しています。壬寅とはどういうことなのか、壬寅の日・壬寅の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における壬寅についても説明します。基本的に壬寅は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

辛丑・辛丑の日・辛丑の年について

辛丑は、60通りある干支の中で38番目に位置しています。辛丑とはどういうことなのか、辛丑の日・辛丑の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における辛丑についても説明します。基本的に辛丑は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

庚子・庚子の日・庚子の年について

庚子は、60通りある干支の中で37番目に位置しています。庚子とはどういうことなのか、庚子の日・庚子の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における庚子についても説明します。基本的に庚子は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

己亥・己亥の日・己亥の年について

己亥は、60通りある干支の中で36番目に位置しています。己亥とはどういうことなのか、己亥の日・己亥の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における己亥についても説明します。基本的に己亥は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

戊戌・戊戌の日・戊戌の年について

戊戌は、60通りある干支の中で35番目に位置しています。戊戌とはどういうことなのか、戊戌の日・戊戌の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における戊戌についても説明します。基本的に戊戌は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丁酉・丁酉の日・丁酉の年について

丁酉は、60通りある干支の中で34番目に位置しています。丁酉とはどういうことなのか、丁酉の日・丁酉の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丁酉についても説明します。基本的に丁酉は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

丙申・丙申の日・丙申の年について

丙申は、60通りある干支の中で33番目に位置しています。丙申とはどういうことなのか、丙申の日・丙申の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丙申についても説明します。基本的に丙申は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

乙未・乙未の日・乙未の年について

乙未は、60通りある干支の中で32番目に位置しています。乙未とはどういうことなのか、乙未の日・乙未の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における乙未についても説明します。基本的に乙未は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

甲午・甲午の日・甲午の年について

甲午は、60通りある干支の中で31番目に位置しています。甲午とはどういうことなのか、甲午の日・甲午の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における甲午についても説明します。基本的に甲午は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

癸巳・癸巳の日・癸巳の年について

癸巳は、60通りある干支の中で30番目に位置しています。癸巳とはどういうことなのか、癸巳の日・癸巳の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における癸巳についても説明します。基本的に癸巳は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

壬辰・壬辰の日・壬辰の年について

壬辰は、60通りある干支の中で29番目に位置しています。壬辰とはどういうことなのか、壬辰の日・壬辰の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における壬辰についても説明します。基本的に壬辰は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

辛卯・辛卯の日・辛卯の年について

辛卯は、60通りある干支の中で28番目に位置しています。辛卯とはどういうことなのか、辛卯の日・辛卯の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における辛卯についても説明します。基本的に辛卯は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

庚寅・庚寅の日・庚寅の年について

庚寅は、60通りある干支の中で27番目に位置しています。庚寅とはどういうことなのか、庚寅の日・庚寅の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における庚寅についても説明します。基本的に庚寅は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

己丑・己丑の日・己丑の年について

己丑は、60通りある干支の中で26番目に位置しています。己丑とはどういうことなのか、己丑の日・己丑の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における己丑についても説明します。基本的に己丑は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

戊子・戊子の日・戊子の年について

戊子は、60通りある干支の中で25番目に位置しています。戊子とはどういうことなのか、戊子の日・戊子の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における戊子についても説明します。基本的に戊子は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

丁亥・丁亥の日・丁亥の年について

丁亥は、60通りある干支の中で24番目に位置しています。丁亥とはどういうことなのか、丁亥の日・丁亥の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丁亥についても説明します。基本的に丁亥は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

丙戌・丙戌の日・丙戌の年について

丙戌は、60通りある干支の中で23番目に位置しています。丙戌とはどういうことなのか、丙戌の日・丙戌の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丙戌についても説明します。基本的に丙戌は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

乙酉・乙酉の日・乙酉の年について

乙酉は、60通りある干支の中で22番目に位置しています。乙酉とはどういうことなのか、乙酉の日・乙酉の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における乙酉についても説明します。基本的に乙酉は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

甲申・甲申の日・甲申の年について

甲申は、60通りある干支の中で21番目に位置しています。甲申とはどういうことなのか、甲申の日・甲申の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における甲申についても説明します。基本的に甲申は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

癸未・癸未の日・癸未の年について

癸未は、60通りある干支の中で20番目に位置しています。癸未とはどういうことなのか、癸未の日・癸未の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における癸未についても説明します。基本的に癸未は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

壬午・壬午の日・壬午の年について

壬午は、60通りある干支の中で19番目に位置しています。壬午とはどういうことなのか、壬午の日・壬午の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における壬午についても説明します。基本的に壬午は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

辛巳・辛巳の日・辛巳の年について

辛巳は、60通りある干支の中で18番目に位置しています。辛巳とはどういうことなのか、辛巳の日・辛巳の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における辛巳についても説明します。基本的に辛巳は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

庚辰・庚辰の日・庚辰の年について

庚辰は、60通りある干支の中で17番目に位置しています。庚辰とはどういうことなのか、庚辰の日・庚辰の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における庚辰についても説明します。基本的に庚辰は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

己卯・己卯の日・己卯の年について

己卯は、60通りある干支の中で16番目に位置しています。己卯とはどういうことなのか、己卯の日・己卯の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における己卯についても説明します。基本的に己卯は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

戊寅・戊寅の日・戊寅の年について

戊寅は、60通りある干支の中で15番目に位置しています。戊寅とはどういうことなのか、戊寅の日・戊寅の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における戊寅についても説明します。基本的に戊寅は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

丁丑・丁丑の日・丁丑の年について

丁丑は、60通りある干支の中で14番目に位置しています。丁丑とはどういうことなのか、丁丑の日・丁丑の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丁丑についても説明します。基本的に丁丑は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丙子・丙子の日・丙子の年について

丙子は、60通りある干支の中で13番目に位置しています。丙子とはどういうことなのか、丙子の日・丙子の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丙子についても説明します。基本的に丙子は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

乙亥・乙亥の日・乙亥の年について

乙亥は、60通りある干支の中で12番目に位置しています。乙亥とはどういうことなのか、乙亥の日・乙亥の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における乙亥についても説明します。基本的に乙亥は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

甲戌・甲戌の日・甲戌の年について

甲戌は、60通りある干支の中で11番目に位置しています。甲戌とはどういうことなのか、甲戌の日・甲戌の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における甲戌についても説明します。基本的に甲戌は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

癸酉・癸酉の日・癸酉の年について

癸酉は、60通りある干支の中で10番目に位置しています。癸酉とはどういうことなのか、癸酉の日・癸酉の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における癸酉についても説明します。基本的に癸酉は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

壬申・壬申の日・壬申の年について

壬申は、60通りある干支の中で9番目に位置しています。壬申とはどういうことなのか、壬申の日・壬申の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における壬申についても説明します。基本的に壬申は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

辛未・辛未の日・辛未の年について

辛未は、60通りある干支の中で8番目に位置しています。辛未とはどういうことなのか、辛未の日・辛未の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における辛未についても説明します。基本的に辛未は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

庚午・庚午の日・庚午の年について

庚午は、60通りある干支の中で7番目に位置しています。庚午とはどういうことなのか、庚午の日・庚午の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における庚午についても説明します。基本的に庚午は吉凶で言えば「凶」となる日です。
干支

己巳・己巳の日・己巳の年について

己巳は、60通りある干支の中で6番目に位置しています。己巳とはどういうことなのか、己巳の日・己巳の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における己巳についても説明します。基本的に己巳は吉凶で言えば「吉」もしくは「大吉」となる日です。
干支

戊辰・戊辰の日・戊辰の年について

戊辰は、60通りある干支の中で5番目に位置しています。戊辰とはどういうことなのか、戊辰の日・戊辰の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における戊辰についても説明します。基本的に戊辰は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丁卯・丁卯の日・丁卯の年について

丁卯は、60通りある干支の中で4番目に位置しています。丁卯とはどういうことなのか、丁卯の日・丁卯の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丁卯についても説明します。基本的に丁卯は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

丙寅・丙寅の日・丙寅の年について

 丙寅は60通りある干支の中で3番目に位置しています。丙寅とはどういうことなのか、丙寅の日・丙寅の年についても詳しく説明します。また五行説や占星術における丙寅についても説明します。基本的に丙寅は吉凶で言えば「吉」となる日です。
干支

乙丑・乙丑の日・乙丑の年について

乙丑と呼ばれる日や年があります。乙丑は干支で2番目に位置するものですが、他の干支と比べてやや知名度が少ないとも言えます。乙丑とはどういうものなのか、乙丑の日・乙丑の年についても詳しく説明します。基本的に「乙丑」とつく日や年は特に何もありませんが吉凶としてはよくは無いものとなります。
干支

甲子・甲子の日・甲子の年について

甲子と呼ばれる日や年があります。甲子は干支で1番最初に位置するものであり、様々な言い伝えや吉凶に用いられています。甲子とはどういうものか、甲子の日・甲子の年についても詳しく説明します。基本的に「甲子」とつく日や年は「吉」となります。
干支

十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)について

干支を構成する要素は十干と十二支です。ただ暦や暦注を見る上で、どういう意味があり、どう考えれば良いのかわかりにくい部分もあるので、十干について詳しく説明します。
干支

干支 一覧(五行・選日・120年分の西暦・年号付き)

60ある干支の一覧です。また読み方(訓読み・音読み)・五行・選日・年代(西暦・年号)も合わせて表記しています。
干支

干支はなぜ120通りではなく60通りなのか?十干と十二支の並べ方のルールのため

干支は十干と十二支の組み合わせですが60通りです。でも10と12の組み合わせなら120通りにならないとおかしいと思いませんか?干支はなぜ120通りではなく、60通りになったのか、その理由について詳しく説明します。
タイトルとURLをコピーしました