暦の基礎

国民の祝日

勤労感謝の日

勤労感謝の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。」日とされています。どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
国民の祝日

文化の日

文化の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「自由と平和を愛し、文化をすすめる。」日とされています。どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
国民の祝日

スポーツの日(旧 体育の日)

スポーツの日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。」日となっています。以前は「体育の日」という名称だったため、スポーツの日という名称にまだ違和感がある方もいますが、どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
国民の祝日

敬老の日

敬老の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」日となっています。特に日付に意味が持たせられていない祝日となっていますが、どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
国民の祝日

山の日

山の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。」日となっています。平成の後半に新設された非常に新しい国民の祝日ですが、どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
国民の祝日

海の日

海の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。」日とされています。どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
国民の祝日

みどりの日

みどりの日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。」日とされています。どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
2021.03.18
国民の祝日

憲法記念日

憲法記念日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。」日とされています。どういった経緯で決まり、どういう意味を含んでいるのか詳しく説明します。
国民の祝日

端午・菖蒲の節句・こどもの日

端午の節句・菖蒲の節句は、5月5日に行われる年中行事の1つであり、暦では五節句の1つとなっています。また端午の節句が元となり国民の祝日の「こどもの日」にもなっています。端午・菖蒲の節句はは何が元となって、どういう行事であり、どういう意味があるのか、詳しく説明します。
国民の祝日

昭和の日

昭和の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり、「 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。」日とされています。元々はどういう日で、どういう経緯で決まったのか詳しく説明します。
2021.04.29
2月の歳時記

2月29日と「閏年ニ関スル件」・閏年では無いオリンピックイヤーについて

2月29日と言えば、4年に1度の閏年にのみ登場する日と思っている方も多いのですが、必ずしも4年に1度、閏年にはならないことはご存知ですか?閏年に関する法律は西暦1898年(明治36年)に「閏年ニ関スル件」として決められてから、ずっとそのままであり、しかも西暦や元号を基準にしていません。
国民の祝日

天皇誕生日

天皇誕生日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり「天皇の誕生日を祝う。」日とされています。現在の天皇誕生日は2月23日とされていますが、過去は異なっています。天皇誕生日とはどういう祝日なのか、詳しく説明します。
国民の祝日

建国記念の日

建国記念の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」日とされています。建国記念日は2月11日とされていますが、どうしてこの日になったのか、どういう日なのか詳しく説明します。
五節句・雑節・縁日

天神と初天神-菅原道真公の縁日と天神祭

天神にはいろいろな意味合いがありますが、ここでは菅原道真公の縁日である天神について説明します。毎月25日が菅原道真公の縁日とされており、かつては暦に「天神」と記載されていました。天神および、初天神・終天神、そしてお祭りである「天神祭」について説明します。
五節句・雑節・縁日

縁日

縁日と聞くとお祭りのことを想像する方も多いと思います。現在ではほぼお祭りと同義になっていることも多いのですが、お祭りと縁日は全く違うものです。現在の意味の縁日は昭和になってからであり、江戸時代まではお祭りとは異なり、特定の神社・寺院に参拝する日となっていました。
国民の祝日

成人の日・成人式

成人の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり、新成人となる人に対して「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」日とされています。元々はどういう日で、どういう意味があったのか詳しく説明します。
国民の祝日

元日・元旦との違いも説明

元日と言えば1月1日のことであり、お正月のことを指す言葉ですが、国民の祝日にもなっています。また似た言葉で「元旦」もありますが、元日との違いがあるのか疑問に思う方もいると思います。元日と元旦について詳しく説明します。
五節句・雑節・縁日

七草粥と七草の節句(人日)

七草粥は、1月7日に行われる年中行事の1つです。また1月7日は「七草の節句」といったり「人日」と言うこともあり、1月の歳時記とも言えます。七草粥・七草の節句・人日は何が元となって、どういう行事であり、どういう意味があるのか、詳しく説明します。
五節句・雑節・縁日

大祓・大祓え(夏越の祓・年越の祓)

大祓(大祓え)は、例年6月30日と12月31日に行われる神道における神事です。若い世代にとってはあまり馴染みの無い神事でしたが2020年・2021年には少し話題になりました。また雑節に数えられることもあります。
五節句・雑節・縁日

三元(上元・中元・下元)

三元とは中国の道教における3つの行事「上元・中元・下元」の総称のことです。日本に伝わって、日本の文化を習合して現在でも別の名前になって現在でもいろいろな形の風習として残っています。また雑節として数えられることもあります。三元について詳しく説明します。
五節句・雑節・縁日

初午・初午の日

初午は2月最初の「午の日」のことであり、多くの稲荷神社の祭りの日となります。また雑節に数えられることもあり、昭和初期までは大切な日とされていました。初午とは何か、詳しく説明していきます。
五節句・雑節・縁日

入梅(にゅうばい)

入梅は、雑節の1つで、例年6月11日前後となっています。梅雨入りのことでしょ?と思う方も多いと思いますし、梅雨入りの意味でも使われますが、雑節としての「入梅」はそれ以外の意味もあります。入梅について詳しく説明します。
五節句・雑節・縁日

二百十日・二百二十日

二百十日 および 二百二十日は、雑節の1つで、立春を1日目として210日目と220日目を指します。あまり聞くことの無い雑節ですが、どういう意味があり、どういう経緯で作られた雑節なのか説明します。
五節句・雑節・縁日

土用とは。年に4回ある土旺用事と土用の丑の日について

毎年7月になるとスーパーマーケット等で「土用の丑の日」としてウナギなどが販売されますが、そもそも「土用」って何?と思いませんか?土曜日では無い「土用」と書かれているけど、昔からあるみたいだけど何が起源になっていて、どういう意味があるのか詳しく説明します。
五節句・雑節・縁日

八十八夜

「夏も近づく八十八夜~♪」で始まる「茶摘み」、誰もが1度は聞いたことがある唱歌ですが、この八十八夜は何かご存知でしょうか?八十八夜は雑節と呼ばれる昔からの日本の農業において重要な日となっていました。八十八夜にはどういうことを行い、どういう起源があったのか説明します。
2021.03.05
暦の基礎

記念日とは何か?日本記念日協会と商標登録について

日本において、365日、閏年なら366日、すべての日に記念日が設定されています。そもそも記念日というものは何なのか?どうすれば記念日とすることが出来るのか、説明します。意外と簡単に記念日は登録出来るものです。
五節句・雑節・縁日

社日(春社・秋社)

社日は、雑節に数えることもある、産土神を祀る日です。春分の日・秋分の日に最も近い戊(つちのえ)の日が社日となります。社日はどういうことを行い、どういう起源があったのか説明していきます。
2021.03.05
五節句・雑節・縁日

お彼岸

彼岸入りした、彼岸明けした、お彼岸だからお墓参りに行かなくちゃ、お彼岸という言葉はこのように今もよく使われていますが、そもそもお彼岸って何だろう?と思いませんか?お彼岸はいつからいつまでで、どういう意味があるのか説明します。
2021.03.05
五節句・雑節・縁日

雑節

雑節という言葉は聞いたことはあるけど、よくわからない...という方も多いと思います。雑節は、二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変わりを適格に掴むために設けられた特別な暦日・特別な日のことです。雑節にはどういうものがあるか説明します。
2021.03.06
五節句・雑節・縁日

ひな祭りと桃の節句(上巳)

ひな祭り(雛祭り)は、3月3日に行われる年中行事の1つです。桃の節句といったり上巳ということもあります。3月の歳時記とも言えます。何が元となり、どういう行事なのか、また雛人形はいつ出して、いつ片付ければ良いのかまで詳しく説明します。
2021.03.24
五節句・雑節・縁日

節句・節供・節日と五節句

桃の節句や端午の節句という言葉を聞くことはまだまだ多いですが、節句とはそもそも何なのか、詳しく知らないことの方が多いのではないでしょうか?節句は、陰陽五行説を由来して日本に定着した暦であり、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日のことです。
2021.03.16
暦の基礎

四季・季節とは

テレビで立春(2月上旬)になると「暦の上では春となりました」と放送しているのを見たことがある人も多いと思います。暦の上での春って何?暦以外の春もあるの?という疑問が湧いた方もいるのではないでしょうか?日本における四季・季節とはどういうものか説明します。
暦の基礎

旧暦と新暦。太陰暦と太陰太陽暦、太陽暦について

暦に興味を持つと通らずにはいられない問題があります。それが新暦と旧暦です。でも太陰暦とか太陽暦とか出てきてよくわからない!という状態になったのではありませんか?旧暦とはなにか、新暦とはなにか、太陰暦(太陰太陽暦)・太陽暦とは何か、詳しく説明します。
2021.03.12
暦の基礎

日本における紀年法は5つ!西暦・和暦・皇暦・天孫紀元・干支

紀年法とは、年を数えたり、記録する方法のことです。今年は2021年だねというのは西暦という紀年法の1つです。令和元年っていつだっけ?というように使う令和や平成は和暦という紀年法です。日本で使われている、また使われていた紀年法について説明します。
2021.03.06
暦の基礎

暦とは何か?

暦という言葉は若い世代の方だと既に使わない言葉になっているかもしれませんが、人生における大きなイベント、例えば結婚や引越し、またはお葬式の時には気にする方も多いのではないでしょうか?でも暦という言葉にはどういう意味があるのか、考えたことはあるでしょうか?
2021.02.24
暦の基礎

暦における月の3種類について。新暦・旧暦・節月について

1月2月3月...12月の月、今は新暦(グレゴリオ暦・太陽暦)が使われていますが、暦においては3種類の月の種類があります。新暦(今の一般的な暦)と旧暦(太陰太陽暦)、そして節月です。何がどう違うのか詳しく解説します。
暦の基礎

上旬・中旬・下旬の由来と初旬との違い、旬間について

1月の初旬、2月の中旬、3月の下旬、こういう言い方を頻繁に行いますが、この「旬」とは元々どういう意味だったのかご存知でしょうか?実は干支の十干(甲乙丙丁...)が由来しています。初旬・中旬・下旬という言葉が生まれた理由をお伝えします。
五節句・雑節・縁日

節分とは何か?節分は年に4回・立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分!

毎年2月上旬に行う年中行事と言えば「節分」というご家庭も多いでしょう。しかし、節分そのものは年に4回あるということはご存知でしょうか?節分は、立春・立夏・立秋・立冬の前日、季節が始まる前日のことです。節分とは何か詳しく説明します。
2021.03.05
国民の祝日

秋分・秋分の日-二十四節気 第16であり八月中

秋分は、例年9月23日ころに訪れる二十四節気の16番目の暦で、八月中とも言われています。「陰陽の中分なれば也」と暦便覧には記されており、日中(日の出から日没)が同じ長さの日と言われています(実際には日中の方が14分ほど長い)。国民の祝日にもなる秋分の日・秋分について説明します。
2021.03.05
五節句・雑節・縁日

初大黒・初甲子祭とは

初大黒とは、大黒天の縁日として1月最初の甲子の日のことです。ただし宗派・宗教、社寺によって異なる日に設定してあることがあります。初大黒について詳しく説明していきます。
2021.03.05
国民の祝日

春分・春分の日-二十四節気 第4であり二月中

春分の日と言えば、国民の休日ですが学生ともなると春休みと重なり、あまり大切に思えない祝日かもしれませんね。でも春分ってどういう日なのかな?と思う方も多いと思います。春分は天文学的に見るものと暦的に見るものがありとても大切な日です。
2021.03.05
タイトルとURLをコピーしました