1月24日の記念日・郵便制度施行記念日・金の日

1月24日の記念日・郵便制度施行記念日・金の日 1月の歳時記

1月24日には少ないながらも、いくつかの記念日が登録・制定されています。

124という数字からは語呂合わせが想像しにくいですが、どんな記念日が登録されているか紹介します。

郵便制度施行記念日

1871年1月24日(新暦3月14日)、「新式郵便」開設の太政官布告が公布され、同年の旧暦3月1日(新暦4月20日)から近代的な郵便制度が東京・京都・大阪の間で始まりました。

この新式郵便の公布がされたことを記念して「郵便制度施行記念日」となっています。

それまでは飛脚に頼っていた郵便が、近代郵便制度に切り替わったと言えます。

金の日・ゴールドラッシュデー

1848年1月24日、アメリカのカリフォルニア州で金の粒が発見されました。

この噂が広まり、一攫千金を求めて沢山の人たちが集まるカリフォルニア・ゴールドラッシュとなりました。このことから1月24日は「金の日」「ゴールドラッシュデー」となりました。

結祝フィナンシェの日

愛知県名古屋市に本社を置き、洋菓子専門店の「パティスリーYUWAI(結祝=ゆわい)」を経営する株式会社ギブミーファイブが制定しました。

同社では厳選した素材を使用した焼きたてのフランス菓子「フィナンシェ」を提供していることから、フランス語で「金融家」「お金持ち」といった意味を持ち、金運の象徴として幸せをもたらす菓子「フィナンシェ」の認知度を上げることが目的です。

日付は、「フィナンシェ」の色や形が金塊に似ているため、アメリカのカリフォルニア州で金の粒が見つかりゴールドラッシュの引き金になったと言われる1848年1月24日にちなんで、この日にしたそうです。

法律扶助の日

法律扶助とは、経済的理由で民事裁判を受けられない人のために費用を立て替える制度で、日本弁護士連合会が1952年に設立した財団法人法律扶助協会が、その業務を扱っています。

そこで1993年、同協会の設立日である1月24日を「法律扶助の日」として制定しました。

以上、1月24日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました