癸巳・癸巳の日・癸巳の年について

癸巳・癸巳の日・癸巳の年について 干支

自分の生まれた年が癸巳であったり、カレンダー(暦)で干支が癸巳だったりして気になってここを見ている方が多いと思います。

癸巳は、60通りある干支の中で30番目に位置しています。

癸巳とはどういうことなのか、癸巳の日・癸巳の年についても詳しく説明します。

また五行説や占星術における癸巳についても説明します。

基本的に癸巳は吉凶で言えば「凶」となる日です。

60の干支の前半がここで終了するという見方もあります。

癸巳について

  • 読み方(訓読み):みずのとみ
  • 読み方(音読み):きすいのみ
  • 吉凶:きし
  • 陰陽五行思想:相剋(水剋火)
  • 納音:長流水(ちょうりゅうすい)

癸巳は60通りの干支の中で30番目に位置しています。

干支は十干(甲乙丙丁…)と十二支(子丑寅卯…)の組み合わせのことです。

元々は数詞(数を表す言葉)でしたが陰陽節・五行説等と融合していろいろな意味を持つようになりました。

癸巳は、巳(蛇)の3巡目となっています(1巡目は己巳・2巡目は辛巳)。

癸巳の年

60年周期の干支の中で30番目となる癸巳は、西暦を60で割って33が余る年となります。

実際の癸巳の年は下記のようになっています。

西暦1000年未満 33年・93年・153年・213年・273年
333年・393年・453年・513年・573年
633年・693年・753年・813年・873年
933年・993年
西暦1000年から1999年 1053年・1113年・1173年・1233年
1293年・1353年・1413年・1473年
1533年・1593年・1653年・1713年
1773年・1833年・1893年・1953年
西暦2000年以降 2013年・2073年・2133年・2193年
2253年・2313年・2373年・2433年
2493年・2553年・2613年・2673年
2733年・2793年・2853年・2913年
2973年

ただし1833年以前の記録(書物等)の場合、旧暦による癸巳の年としている場合もあります。理由は日本が新暦になったのは1873年(明治6年)からだからです。

また旧暦記載・節月記載のカレンダーの場合、旧暦や節月での干支の年を記載している場合があります。

癸巳の月

干支を月に割り振って管理していた暦もあり、癸巳の月というものが存在します。

今でも旧暦について詳しく書いてあるカレンダーだと月干支としてその月の干支が記載されている場合もあります。

月干支は60ヶ月周期になるため、西暦の下一桁が1か6(十干が辛か丙)の年の4月が癸巳の月となります。

ただし干支月は、現在3種類あります。

  • 新暦の月にそのまま割り振る干支月
  • 旧暦の月に割り振る干支月
  • 節月に割り振る干支月

*当サイトの日々のカレンダーに記載している干支月は新暦のものと節月のものです。

参考:暦における月の3種類について

癸巳の日

現在のカレンダーでも干支を日に割り振って掲載しているものがあります。

干支の日の配置は単に60個ある干支をずっと配置しているだけです。どの日にどの干支を置くというものは決まっていません。

60通りの干支が1年間をめぐるので1年で6回(稀に7回)、癸巳の日があります。

吉凶や陰陽五行思想における癸巳・癸巳の日

癸巳は干支によって1から60までの数の30番目を表すものですが、陰陽五行説と結びついて吉凶を判断することもあります。

陰陽五行思想での癸巳・癸巳の吉凶

陰陽五行思想では、十干の癸は「陰の水」、十二支の巳は「陰の火」で、相剋(水剋火)となっていることから「癸巳」の吉凶は「凶」となっています。

癸巳が基準となる選日・暦注下段

癸巳が関わっている・基準となる選日暦注下段には下記のものがあります。

十方暮

じっぽうぐれ」と読みます。十方間と書くこともあります。

十方暮は万事うまく行かない凶日とされています。市販の暦では、労多くして功の少ない日などと記載されていることもあります。

日の干支が甲申(甲子から数えて21番目)から癸巳(同30番目)の間の10日間のことで、十干と十二支の五行が相剋しているものが8日も集中しているため、特別な期間と考えられるようになりました。

壬辰は、十方暮の10日目・最終日となっています。

天一天上

「てんいちてんじょう」と読みます。

天一神(てんいちじん、てんいつじん)という神様がいて、地上と天上を行き来しており、天上に帰っている期間を天一天上と言い、天一神の祟りが無くなるとして吉日とされています。

日干支の癸巳(30番)から戊申(45番)までの16日間が天一天上の期間とされています。

癸巳は、天一天上の1日目・初日となっています。

占星術・四柱推命における癸巳・癸巳の日

東洋占星術や四柱推命として癸巳について説明します。

納音としての癸巳

納音としての癸巳は「長流水(ちょうりゅうすい)」となっています。

長流水は、大河の絶えることの無い水流を意味しています。

多くの人々をまとめ、寛大さ、大きな度量を表すとしています。

ただし大きな川は思わぬ災害を招くことがあることも忘れてはいけないとしています。

占星術・四柱推命における癸巳

書籍や占いの流派によって、書いてあることは異なります。癸巳は比較的良い結果になっているものの、書籍・流派でかなり異なります。

  • まじめでやさしい、探究心や情熱をもっている
  • 自制心が強く秘密を守る
  • 穏やかで愛想がよく世渡り上手

共通しているのは金運・財運が良いということです。

癸巳に関すること

癸巳に関することを記していきます。

癸巳とつくもの

癸巳とつく事変・モノコトはいくつかあります。

小泉 癸巳男(こいずみ きしお):1893年の癸巳の年に生まれた日本の版画家です。

癸巳化成株式会社:1953年の癸巳に設立された会社です。

癸巳に関するリンク

干支
1 2 3 4 5 6
甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳
7 8 9 10 11 12
庚午 辛未 壬申 癸酉 甲戌 乙亥
13 14 15 16 17 18
丙子 丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳
19 20 21 22 23 24
壬午 癸未 甲申 乙酉 丙戌 丁亥
25 26 27 28 29 30
戊子 己丑 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳
31 32 33 34 35 36
甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥
37 38 39 40 41 42
庚子 辛丑 壬寅 癸卯 甲辰 乙巳
43 44 45 46 47 48
丙午 丁未 戊申 己酉 庚戌 辛亥
49 50 51 52 53 54
壬子 癸丑 甲寅 乙卯 丙辰 丁巳
55 56 57 58 59 60
戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥

コメント

タイトルとURLをコピーしました