9月15日の記念日・老人の日・石狩鍋記念日

9月15日の記念日・老人の日・石狩鍋記念日 9月の歳時記

9月15日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。

915という数字からは語呂合わせによる記念日は想像しにくいですが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。

なおこの日は元々敬老の日でした。

老人の日

元々9月15日と言えば敬老の日でした。2003年から第3月曜日が敬老の日になったことにともない、それまでの敬老の日を記念日として残すために制定されました。

国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促す日としています。

なお、敬老の日として国民の祝日となる以前の9月15日は、1963年までは「としよりの日」、1964年と1965年は「老人の日」という名称の記念日だったそうです。

大阪寿司の日

関西厚焼工業組合が制定しました。

日付は押し寿司などの大阪寿司は生魚を使わないことからお年寄りにも安全・安心であるとして、長らく「敬老の日」であったこの日を記念日とたそうです。

スカウトの日

1974年に5月5日を含む日を「スカウト週間」として制定されました。

1990年に「スカウト奉仕の日」に改称して9月15日に変更し、1991年に現在の「スカウトの日」に再度改称しました。

全国のボーイスカウト、ガールスカウトなどが奉仕活動を展開する日としています。

ボーイスカウトではこの日を新しい年度の始まりの日としています。

ひじきの日

日本ひじき協会が制定しました。

昔からひじきを食べると長生きをすると言われていることから、当時「敬老の日」であったこの日を記念日としたそうです。

スナックサンドの日

愛知県名古屋市に本社を置き、「本仕込食パン」「ネオバターロール」など多くの人気のパンで知られるフジパン株式会社が制定しました。

同社は1975年9月15日に食パンのミミを落とし、中身をはさんで四方を圧着して作る携帯サンドイッチを日本で初めて発売「スナックサンド」と名付けました。

その「スナックサンド」が2015年で発売40周年になるのを記念して制定したそうです。

日付は「スナックサンド」が発売された日からです。

レクリエーション介護士の日

大阪府大阪市に本拠を置き、民間資格の「レクリエーション介護士」の養成講座、資格認定などを行う一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が制定しました。

介護にレクリエーションを取り入れることで、高齢者を笑顔にする「レクリエーション介護士」、その知名度の向上が目的です。

日付は9と15で「レク(09)リエ―ションかいご(15)し」の語呂合わせと、以前は9月15日が「敬老の日」であったことからです。

石狩鍋記念日

北海道を代表する郷土料理の石狩鍋の発祥地である石狩市で、本場の石狩鍋を広くPRしようと結成された石狩鍋復活プロジェクト「あき味の会」が制定しました。

石狩鍋は鮭の身のぶつ切りを野菜などとともに味噌仕立てにした鍋です。

日付は石狩で鮭が捕れる時季で、9と15を「くいごろ」と読む語呂合わせなどからです。

ニュータウンの日

大阪府吹田市に事務局を置き、千里ニュータウンにおける「まちづくり」の文化的な記録・記憶の継承と、その魅力を発信する一般財団法人千里パブリックデザインが制定しました。

千里ニュータウンは日本のライフスタイルを変えた実験的・計画的な住宅都市で日本初の大規模ニュータウンです。

その先進性は、以後各地のさまざまなニュータウンに影響を与えながら、自らも再生への取り組みを行ってきました。

記念日を通して開発者、行政、住民が一体となって取り組んできたこのチャレンジを忘れずにその精神を未来へと繋いでいくことが目的です。

日付は、千里ニュータウンに初めて住民が入居し、その生活が始まった1962年9月15日からとなっています。

エアコン丸洗いのクリピカの日

大阪府箕面市に本社を置き、家庭用エアコンや業務用空調機器の設置工事、エアコンクリーニングなどを手がける株式会社工事センターが制定しました。

同社ではエアコンを取り外して専門工場で分解し、フィルターからエアコン内部の細かな部品まで、特殊な洗剤を用いてキレイに洗浄するサービス「クリピカ」を展開しています。

記念日を通してエアコン分解クリーニング「クリピカ」の認知度向上と、一般家庭へのエアコン分解クリーニングの必要性を訴求、普及させていくことが目的です。

日付は9と1と5で「クリ(9)ピ(1)カ(5)」と読む語呂合わせからです。

関ケ原合戦の日

岐阜県不破郡関ケ原町に事務局を置く一般社団法人関ケ原観光協会が制定しました。

安土桃山時代に東軍と西軍に分かれて行われた大規模な合戦で、天下分け目の戦いとしてその後の日本の行く末を決定した関ケ原の戦い、記念日を通して関ケ原合戦が行われた日を広く世間に知ってもらい、この歴史的な転換日を関ケ原の地域資源として、関ケ原の地の活性化につなげることが目的です。

日付は関ケ原合戦が始まった慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)からです。

以上、9月15日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました