9月15日の記念日・老人の日・石狩鍋記念日

9月15日の記念日・老人の日・石狩鍋記念日 9月の歳時記

9月15日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。

915という数字からは語呂合わせによる記念日は想像しにくいですが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。

なおこの日は元々敬老の日でした。

老人の日

元々9月15日と言えば敬老の日でした。2003年から第3月曜日が敬老の日になったことにともない、それまでの敬老の日を記念日として残すために制定されました。

国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促す日としています。

なお、敬老の日として国民の祝日となる以前の9月15日は、1963年までは「としよりの日」、1964年と1965年は「老人の日」という名称の記念日だったそうです。

大阪寿司の日

関西厚焼工業組合が制定しました。

日付は押し寿司などの大阪寿司は生魚を使わないことからお年寄りにも安全・安心であるとして、長らく「敬老の日」であったこの日を記念日とたそうです。

スカウトの日

1974年に5月5日を含む日を「スカウト週間」として制定されました。

1990年に「スカウト奉仕の日」に改称して9月15日に変更し、1991年に現在の「スカウトの日」に再度改称しました。

全国のボーイスカウト、ガールスカウトなどが奉仕活動を展開する日としています。

ボーイスカウトではこの日を新しい年度の始まりの日としています。

ひじきの日

日本ひじき協会が制定しました。

昔からひじきを食べると長生きをすると言われていることから、当時「敬老の日」であったこの日を記念日としたそうです。

スナックサンドの日

愛知県名古屋市に本社を置き、「本仕込食パン」「ネオバターロール」など多くの人気のパンで知られるフジパン株式会社が制定しました。

同社は1975年9月15日に食パンのミミを落とし、中身をはさんで四方を圧着して作る携帯サンドイッチを日本で初めて発売「スナックサンド」と名付けました。

その「スナックサンド」が2015年で発売40周年になるのを記念して制定したそうです。

日付は「スナックサンド」が発売された日からです。

レクリエーション介護士の日

大阪府大阪市に本拠を置き、民間資格の「レクリエーション介護士」の養成講座、資格認定などを行う一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が制定しました。

介護にレクリエーションを取り入れることで、高齢者を笑顔にする「レクリエーション介護士」、その知名度の向上が目的です。

日付は9と15で「レク(09)リエ―ションかいご(15)し」の語呂合わせと、以前は9月15日が「敬老の日」であったことからです。

石狩鍋記念日

北海道を代表する郷土料理の石狩鍋の発祥地である石狩市で、本場の石狩鍋を広くPRしようと結成された石狩鍋復活プロジェクト「あき味の会」が制定しました。

石狩鍋は鮭の身のぶつ切りを野菜などとともに味噌仕立てにした鍋です。

日付は石狩で鮭が捕れる時季で、9と15を「くいごろ」と読む語呂合わせなどからです。

以上、9月15日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました