9月16日の記念日・競馬の日・牛とろの日

9月16日の記念日・競馬の日・牛とろの日 9月の歳時記

9月16日には、多くはないもののいくつかの記念日が登録・制定されています。

916という数字の並びから語呂合わせによる記念日は想像しにくいですが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。

日本中央競馬会発足記念日・競馬の日

1954年(昭和29年)9月16日、日本中央競馬会(JRA)が発足したことを記念して、日本中央競馬会発足記念日となっています。

日本中央競馬会の主な目的には、競馬の健全な発展、畜産の振興、国や地方公共団体の財源の確保、馬文化の普及、スポーツとしての楽しみの提供などがあるそうです。

主催する競馬は馬券の売り上げ、レースの質など世界的にも高い水準を誇っているそうです。

ハイビジョンの日

ハイビジョンの画面の縦横比が 9:16 (16:9)であることから通商産業省(現経済産業省)が制定しました。

他に郵政省(現総務省)とNHKが、ハイビジョンの走査線数1125本から11月25日を同名の記念日としています。

G.A.P.記念日

G.A.P.(ギャップ)とはGOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)のことで、その国際基準であるGLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)を普及推進する一般社団法人GAP普及推進機構が制定しました。

GLOBALG.A.P.認証は農業において、食品安全、労働環境、環境保全に配慮した「持続的な生産活動」を実践する企業、法人などに与えられるもので、このG.A.P.という制度を多くの人に知らせ普及活動を行うことが目的です。

日付は青森県の農業法人が日本で初めてGLOBALG.A.P.の前身であるEUREPGAPの認証を獲得した2005年9月16日からです。

アサイーの日

ブラジルのアマゾンを原産とするヤシ科の植物で、スーパーフードと呼ばれる「アサイー」をはじめとしたアマゾンフルーツなどの輸入販売を手がける株式会社フルッタフルッタが制定しました。

美と健康に良いとされる「アサイー」の魅力を伝えるとともに、産地であるアマゾンからブラジル全土、そして世界へ輸送されるようになった背景には、日本からアマゾンへ渡った日本移民が「アサイー」の産業化に尽力したことが大きく影響していることから、その功績を称えることが目的です。

日付は第一回移民船がアマゾン川河口の都市ベレンに到着した1929年9月16日にちなんでです。

牛とろの日

北海道川上郡清水町で牛肉製品の製造・販売を行う有限会社十勝スロウフードが制定しました。

同社の提携牧場であるボーンフリーファームと開発した「牛とろ」を多くの人に食べてもらい、その美味しさを知ってもらうのが目的です。

1997年に誕生した「牛とろフレーク」は凍ったまま温かいご飯にふりかけて「牛とろ丼」にすると絶品です。

日付は9と16で「ぎゅう(9)とろ(16)」と読む語呂合わせからです。

保湿クリームの日

化粧品の製造・販売・輸出入を手がけるSC.Cosmetics(エスシーコスメティクス)株式会社が制定しました。

天然由来成分98.5%で作られた年齢、性別、使用する部位を問わないユニバーサルな同社のクリームで、世界中の人々に美しい肌を手に入れていただくのが目的です。

日付は9と16で「9(ク)リー(1)6(ム)」と読む語呂合わせからです。

毎月16日が記念日になっているもの

月に限らず、毎月16日が記念日になっているものを紹介します。

十六茶の日

いくつもの人気ブランド飲料を製造・販売するアサヒ飲料株式会社が制定しました。

同社が手がける健康16素材をブレンドして作られた「十六茶」を飲んで、自分の身体や大切な人を思いやる日にとの願いが込められているそうです。

日付は1年を通じて飲んでもらいたいとの思いと「十六茶」の名前から毎月16日にしたそうです。

健康16素材とは、たんぽぽの根、エゴマの葉、発芽大麦、ナツメ、玄米、大麦、昆布、ハブ茶、桑の葉、びわの葉、きび、カワラケツメイ、ハトムギ、とうもろこし、黒豆(大豆)、あわということです。

トロの日

神奈川県横浜市に本社を置き、全国で「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト株式会社が制定しました。

同社の人気食材である美味しい「トロ」のネタでお客様に喜んでもらい、各店舗ならびに業界を活気づけることが目的となっています。

日付は16を「トロ」と読む語呂合わせから毎月16日にしたそうです。

以上、9月16日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました