地火日-暦注下段

地火日-暦注下段 暦注下段

地火日は、暦中下段と呼ばれる今ではあまり見かけなくなった暦注(暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などのこと)の1つです。

「地火」という字面から噴火するかのイメージがありますが、実際にはどういった内容のものなのか、詳しく解説します。

吉凶としては「凶日」となりますが、普段の生活ではそれほど関係ないものとなります。

地火日とは

  • 読み方:ぢかにち・ちかび
  • 別称・俗称:ー

五行説では、火気を天火・地火・人火の3つに分けます。このうち地火とは、大地の火気が酷しいという意味です。

地火日の吉凶

地火日の吉凶は下記の通りです。

  • 凶:動土・定礎・柱建て・井戸掘り・種まき・築墓・葬式・植樹
  • 差し支えのないもの:土に関係しないこと

地火日は「地」ですが「天」においては「天火日」があります。

地火日の由来

由来はわかりませんが、五行説が影響して生まれています。

地火日の配置と日にち

地火日は節切り(二十四節気を参照)と特定の十二支(干支)で決まります。

現在の一般的な1月・2月とは異なるので勘違いしないようにしてください。

  • 1月:巳の日
  • 2月:午の日
  • 3月:未の日
  • 4月:申の日
  • 5月:酉の日
  • 6月:戌の日
  • 7月:亥の日
  • 8月:子の日
  • 9月:丑の日
  • 10月:寅の日
  • 11月:卯の日
  • 12月:辰の日

参考までに2022年と2023年の節月は下記の通りです。

2022年の節月

  • 1月=2月4日~3月4日
  • 2月=3月5日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月4日
  • 4月=5月5日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月6日
  • 7月=8月7日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月6日
  • 10月=11月7日~12月6日
  • 11月=12月7日~2023年1月5日
  • 12月=2023年1月6日~2月3日

2023年の節月

  • 1月=2月4日~3月5日
  • 2月=3月6日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月5日
  • 4月=5月6日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月7日
  • 7月=8月8日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月7日
  • 10月=11月8日~12月6日
  • 11月=12月7日~2024年1月5日
  • 12月=2024年1月6日~2月3日

2022年の地火日カレンダー

2022年の地火日は現在の暦(普通のカレンダーで見た時)では下記の通りです。

月に2~4日はあることになります。

日にち 節月 六曜 十二直 干支の日
2022年1月2日 11月 仏滅 卯の日
2022年1月15日 12月 赤口 辰の日
2022年1月27日 12月 赤口 辰の日
2022年2月9日 1月 先負 巳の日
2022年2月21日 1月 先負 巳の日
2022年3月6日 2月 大安 午の日
2022年3月18日 2月 大安 午の日
2022年3月30日 2月 大安 午の日
2022年4月12日 3月 友引 未の日
2022年4月24日 3月 友引 未の日
2022年5月7日 4月 仏滅 申の日
2022年5月19日 4月 仏滅 申の日
2022年5月31日 4月 赤口 申の日
2022年6月13日 5月 先勝 酉の日
2022年6月25日 5月 先勝 酉の日
2022年7月8日 6月 先負 戌の日
2022年7月20日 6月 先負 戌の日
2022年8月1日 6月 仏滅 戌の日
2022年8月14日 7月 大安 亥の日
2022年8月26日 7月 大安 亥の日
2022年9月7日 7月 先勝 亥の日
2022年9月8日 8月 友引 子の日
2022年9月20日 8月 友引 子の日
2022年10月2日 8月 先負 子の日
2022年10月15日 9月 仏滅 丑の日
2022年10月27日 9月 赤口 丑の日
2022年11月9日 10月 先勝 寅の日
2022年11月21日 10月 先勝 寅の日
2022年12月3日 10月 友引 寅の日
2022年12月16日 11月 先負 卯の日
2022年12月28日 11月 大安 卯の日

見てもらった通り、十二直の「平」と全く同じ日になります。

「平」は吉日であり「旅行・結婚・道路修理などは吉、穴掘り・種まきは凶」とされています。

一部同じ凶事もありますが、「凶日」である地火日と吉日である「十二直-平」が同じになるというのは、面白いですよね。占いなんて、一方が吉でも一方が凶となる見本です。

ただ「平」も穴掘り・種まきは凶になっているので、この日は土にちなんだ事は行わない方が良いように思えます。

地火日と他の暦注下段との重なった場合の優先度

例えば天赦日等の吉日と重なった場合、どちらが優先されるか?と言えば暦注下段においては、基本的に悪い方が優先されると言われています。

ただし、土に関すること以外、地火日は気にすることが無いので、それほど気にしなくても良いのではないでしょうか?

暦注下段は良いものは信じて、悪いものは信じないくらいの気持ちでいた方が精神的によくなると思います。

以上、地火日についてでした。

他の暦注下段を見る


コメント

タイトルとURLをコピーしました