月徳日-暦注下段

月徳日-暦注下段 暦注下段

月徳日は、暦中下段と呼ばれる今ではあまり見かけなくなった暦注(暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などのこと)の1つです。

「徳」という字面から良さそうな日に思えますが、実際にはどういった内容のものなのか、詳しく解説します。

吉凶としては、吉日となります。

月徳日とは

  • 読み方:つきとくにち・がっとくにち
  • 別称・俗称:月とく

月徳とはその月の徳(善)神の意で、その神のいる日が月徳日とされています。

月徳日の吉凶

月徳日は、家の増改築など土に関わる行いに吉とされる日です。

特に差し支えのあることもありません。

月徳日の由来

月徳日は、天恩日・母倉日と共に宝暦暦で初めて登場した暦注です。

宝暦暦は1755年2月11日から1798年2月16日までの43年間使用された旧暦です。

月徳日の配置と日にち

月徳日は、節切り(二十四節気を参照)の特定の十干(干支)で決まります。

現在の一般的な1月・2月とは異なるので勘違いしないようにしてください。

  • 1月・5月・9月=丙(ひのえ)の日
  • 2月・6月・10月=甲(きのえ)の日
  • 3月・7月・11月=壬(みずのえ)の日
  • 4月・8月・12月=庚(かのえ)の日

参考までに2021年と2022年の節月は下記の通りです。

2021年の節月

  • 1月=2月3日~3月4日
  • 2月=3月5日~4月3日
  • 3月=4月4日~5月4日
  • 4月=5月5日~6月4日
  • 5月=6月5日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月6日
  • 7月=8月7日~9月6日
  • 8月=9月7日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月6日
  • 10月=11月7日~12月6日
  • 11月=12月7日~2022年1月4日
  • 12月=2022年1月5日~年2月3日

2022年の節月

  • 1月=2月4日~3月4日
  • 2月=3月5日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月4日
  • 4月=5月5日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月6日
  • 7月=8月7日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月6日
  • 10月=11月7日~12月6日
  • 11月=12月7日~2023年1月5日
  • 12月=2023年1月6日~年2月3日

2021年の月徳日

2021年の月徳日は現在の暦(普通のカレンダーで見た時)では下記の通りです。

月に2~4日程度あることになります。

今日の日にち 節月 六曜 日干支(節月)
2021年1月4日 11月 先勝 壬子
2021年1月12日 12月 先負 庚申
2021年1月22日 12月 先負 庚午
2021年2月1日 12月 先勝 庚辰
2021年2月7日 1月 先勝 丙戌
2021年2月17日 1月 赤口 丙申
2021年2月27日 1月 仏滅 丙午
2021年3月7日 2月 赤口 甲寅
2021年3月17日 2月 赤口 甲子
2021年3月27日 2月 仏滅 甲戌
2021年4月4日 3月 赤口 壬午
2021年4月14日 3月 大安 壬辰
2021年4月24日 3月 先負 壬寅
2021年5月4日 3月 先勝 壬子
2021年5月12日 4月 仏滅 庚申
2021年5月22日 4月 友引 庚午
2021年6月1日 4月 赤口 庚辰
2021年6月7日 5月 赤口 丙戌
2021年6月17日 5月 赤口 丙申
2021年6月27日 5月 仏滅 丙午
2021年7月15日 6月 大安 甲子
2021年7月25日 6月 先負 甲戌
2021年8月4日 6月 先勝 甲申
2021年8月12日 7月 大安 壬辰
2021年8月22日 7月 先負 壬寅
2021年9月1日 7月 先勝 壬子
2021年9月9日 8月 仏滅 庚申
2021年9月19日 8月 友引 庚午
2021年9月29日 8月 赤口 庚辰
2021年10月15日 9月 赤口 丙申
2021年10月25日 9月 仏滅 丙午
2021年11月4日 9月 友引 丙辰
2021年11月12日 10月 大安 甲子
2021年11月22日 10月 先負 甲戌
2021年12月2日 10月 先勝 甲申
2021年12月10日 11月 大安 壬辰
2021年12月20日 11月 先負 壬寅
2021年12月30日 11月 先勝 壬子

六曜も併記してあるので、六曜と合わせて確認してください。

月徳日と他の暦注下段が重なった時の優先度

月徳日と他の暦注下段で悪い日が重なった時、どちらが優先されるのか気になるところだと思います。

基本的に暦注下段は凶日の方が優先されると言われています(歳下食以外)。

なお六曜と重なった時、例えば結婚や葬儀であれば六曜を優先した方が無難です。

というのも、結婚や葬儀等は六曜をもっとも気にする人が多いため、親戚が絡むのであれば、六曜を基準にした方が変な嫌味や陰口を言われることは少なくなります。

以上、月徳日についてでした。

他の暦注下段を見る


コメント

タイトルとURLをコピーしました