受死日とは-暦注下段の黒日

受死日とは-暦注下段の黒日 暦注下段

受死日は、暦中下段と呼ばれる今ではあまり見かけなくなった暦注(暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などのこと)の1つです。

「死」という漢字があることから不吉なイメージがあるものですが、実際にはどういった内容のものなのか、詳しく解説します。

結論から言えば凶日ではありますが、迷信の多いものなので気にしないのが1番です。

受死日とは

  • 読み方:じゅしにち・じゅしび
  • 別名・俗称:黒日・●(黒丸が暦に記載されていた)

暦の下段「●」で記されることから黒日とも言われます。

この日は、最低の大悪日とされています。したがって、同じ日の他の暦注(六曜や十二直等)は一切見なくて良いと言われるくらいでした。

この日に病を患えば死ぬという悪い日で、百事に忌むべき日とされています。

仮名暦略註には下記のように記されています。

年暦に、如レ此黒点を記す日にして、俗にいふ黒日也、大黒日なるがゆへ日、百事に用べからず、唯葬送に此日に用いて妨なしと心得べし

受死日の吉凶

凶日ですが特に凶となっていることや行っても構わないものがあります。

  • 凶:病気見舞い・服薬・針灸・旅行
  • 差し支えないこと:葬式

受死日の由来

受死日の由来についてはわかっていませんが、中国の道教に関する書物「赤松子(せきしようし)章暦」に受死日に関する記載があるため、道教(と陰陽道等)が関係して作られたもののように思われます。

出典:中国哲学書電子化計画

道教は日本の仏教・神道・陰陽道に深く影響を与えましたが、日本人の宗教では無いので、信じなくても良いもの言えます。

受死日の配置と日にち

受死日は節月(二十四節気を参照)の特定の十二支(干支)で決まります。

現在の一般的な1月・2月とは異なるので勘違いしないようにしてください。

  • 正月節(立春):戌の日
  • 2月節(啓蟄):辰の日
  • 3月節(清明):亥の日
  • 4月節(立夏):巳の日
  • 5月節(芒種):子の日
  • 6月節(小暑):午の日
  • 7月節(立秋):丑の日
  • 8月節(白露):未の日
  • 9月節(寒露):寅の日
  • 10月節(立冬):申の日
  • 11月節(大雪):卯の日
  • 12月節(小寒):酉の日

参考までに2022年と2023年の節月は下記の通りです。

2022年の節月

  • 1月=2月4日~3月4日
  • 2月=3月5日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月4日
  • 4月=5月5日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月6日
  • 7月=8月7日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月6日
  • 10月=11月7日~12月6日
  • 11月=12月7日~2023年1月5日
  • 12月=2023年1月6日~年2月3日

2023年の節月

  • 1月=2月4日~3月5日
  • 2月=3月6日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月5日
  • 4月=5月6日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月7日
  • 7月=8月8日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月7日
  • 10月=11月8日~12月6日
  • 11月=12月7日~2024年1月5日
  • 12月=2024年1月6日~年2月3日

2022年の受死日

2021年の受死日は現在の暦(普通のカレンダーで見た時)では下記の通りです。

月に2~3日はあることになります。

日にち 節月 六曜 干支の日 十二直
2022年1月2日 11月 仏滅 卯の日
2022年1月8日 12月 大安 酉の日
2022年1月20日 12月 大安 酉の日
2022年2月1日 12月 先勝 酉の日
2022年2月14日 1月 友引 戌の日
2022年2月26日 1月 友引 戌の日
2022年3月16日 2月 先負 辰の日
2022年3月28日 2月 先負 辰の日
2022年4月16日 3月 赤口 亥の日
2022年4月28日 3月 赤口 亥の日
2022年5月16日 4月 先勝 巳の日
2022年5月28日 4月 先勝 巳の日
2022年6月16日 5月 仏滅 子の日
2022年6月28日 5月 仏滅 子の日
2022年7月16日 6月 大安 午の日
2022年7月28日 6月 大安 午の日
2022年8月16日 7月 先勝 丑の日
2022年8月28日 7月 先負 丑の日
2022年9月15日 8月 先負 未の日
2022年9月27日 8月 仏滅 未の日
2022年10月16日 9月 大安 寅の日
2022年10月28日 9月 先勝 寅の日
2022年11月15日 10月 先勝 申の日
2022年11月27日 10月 友引 申の日
2022年12月16日 11月 先負 卯の日
2022年12月28日 11月 大安 卯の日

あまり気にすることは無いと思いますが、気分的に仏滅や赤口と重なった日には、気をつけた方が良いと思います。

なお十二直も入れていますが、十二直も特定の十二支の日に配置されるもののため、同じ節月で重なることが多くなっています。

どうやって発生したかわからない「受死日」と発生した歴史がわかる十二直が同じ日に重なるというもの面白いもので、占いなんて、良いものを示すものもあれば悪いものを示すこともあるので、それほど信じなくても良いと思えてきませんか?

受死日と他の暦注下段・撰日との重なりの優先度

受死日と同じ暦注下段で良いとされる天赦日や天恩日等が重なった時、どちらが優先されるのか気になるところだと思います。

結論から言えば一般的には受死日が一番影響すると言われています。

他にも六曜の「大安」や十二直や二十八宿等の吉凶を示すものや、撰日と呼ばれる暦注もありますが、それらの中で一番最凶なのが、受死日とされています。

そのため、気にする人は気にしてしまいますが、出典がよくわからないものだけに信じない方が良いと思います。

以上、受死日についてでした。

他の暦注下段を見る


コメント

タイトルとURLをコピーしました