滅門日-暦注下段(三箇の悪日)

滅門日-暦注下段(三箇の悪日) 暦注下段

滅門日は、暦中下段と呼ばれる今ではあまり見かけなくなった暦注(暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などのこと)の1つです。

「滅」という字面から悪いイメージとなりますが、実際にはどういった内容のものなのか、詳しく解説します。

吉凶としては「凶日」となります。

滅門日とは

  • 読み方:めつもんにち
  • 別称・俗称:滅日

この日を犯すと、「滅門」の字の通り、一家一門を亡ぼすと言われています。

大禍日は、三箇の悪日と呼ばれる3つの凶日の1つです。

三箇の悪日(さんがのあくにち)とは大禍日、狼藉日、滅門日の3つの凶日の総称です。「三箇の悪日は万事に用いるべからず」とされており、特に仏事は大凶とされています。この三箇とは、貧窮・飢渇・障碍の三神・貪欲・瞋恚(しんい・怒りや憎しみなどの憎悪の感情)・愚痴の三毒を表し、万事に用うべからずというもので、特に仏法にこれを忌むとしています。

滅門日の吉凶

滅門日の吉凶は凶です。

この日に慎むことをせず、法律・規則・倫理などに反した行為をすると一家・一門を滅ぼすと言われているほど、おどろおどろしい凶日です。

つまり慎み、法律・規則・道徳にそって過ごせば、問題無い日とも言えます。

ただし仏事・葬式は凶となっています。

滅門日の由来

滅門日の由来はわかりませんが、陰陽道に関係していること、三箇の悪日の1つであることから、かなり古くからある暦注下段のようです。

なお、暦注の中に滅日と呼ばれる万事に凶とされる日が存在しますが、これは暦法の計算上生じたもの(理想上の暦の1年(=360日)と実際の1年とのずれが1日分に達した日)であり、全く異なる性格のものです。

また、滅日そのものが江戸時代の貞享暦改暦の時に廃止されているため、現在の旧暦などには反映されていません。

滅門日の配置と日にち

滅門日は生まれた年の十二支(干支)によって異なります。月(二十四節気の節切り)と生まれとしの十二支で配置されます。

ただし生まれ年の十二支に関係なく、特定の十二支の日が滅門日になるという解釈・説もあります。

下記表を見てもらうとわかりますが、寅年生まれの人であれば忌月の1月の巳の日のみが滅門日になるというものと、寅年生まれ関係なく、1月は巳の日・2月は子の日が滅門日になるというものがあるということです。

  • 生まれ年に関係する=年間で2~3日
  • 生まれ年は関係ない=年間で30日前後

ということになります。

生年 忌月 滅門日
寅年生まれ 1月
卯年生まれ 2月
辰年生まれ 3月
巳年生まれ 4月
午年生まれ 5月
未年生まれ 6月
申年生まれ 7月
酉年生まれ 8月
戌年生まれ 9月
亥年生まれ 10月
子年生まれ 11月
丑年生まれ 12月

2021年の滅門日

  • 生まれ年に関係する=年間で2~3日
  • 生まれ年は関係ない=年間で30日前後

どちらを信じるかは、個人次第ですが、月別(節切り)での滅門日は下記の通りです。

生まれ年
の十二支
節月と実際の日にち 対象の干支 滅門日
子年生まれ 11月=~1月4日 卯の日
丑年生まれ 12月=1月5日~2月2日 戌の日 1月14日・1月26日
寅年生まれ 1月=2月3日~3月4日 巳の日 2月14日・2月26日
卯年生まれ 2月=3月5日~4月3日 子の日 3月5日・3月17日
3月29日
辰年生まれ 3月=4月4日~5月4日 未の日 4月5日・4月17日
4月29日
巳年生まれ 4月=5月5日~6月4日 寅の日 5月6日・5月18日
5月30日
午年生まれ 5月=6月5日~7月6日 酉の日 6月6日・6月18日
6月30日
未年生まれ 6月=7月7日~8月6日 辰の日 7月7日・7月19日
7月31日
申年生まれ 7月=8月7日~9月6日 亥の日 8月7日・8月19日
8月31日
酉年生まれ 8月=9月7日~10月7日 午の日 9月7日・9月19日
10月1日
戌年生まれ 9月=10月8日~11月6日 丑の日 10月8日・10月20日
11月1日
亥年生まれ 10月=11月7日~12月6日 申の日 11月8日・11月20日
子年生まれ 11月=12月7日~2022年1月4日 卯の日 12月9日・12月21日

生まれの干支の忌月だけを気にするか、すべてを気にするか?悩むかもしれませんが、占いなんて、信じたいものを信じれば良いだけです。

滅門日と他の暦注下段が重なった時の優先度

例えば天赦日等の吉日と重なった場合、どちらが優先されるか?と言えば暦注下段においては、基本的に悪い方が優先されると言われています。

六曜(大安や友引)と重なった場合はどうかと言えば、それは信じる方で構いません。

また一般的に暦注下段を気にする人というのは減っており、六曜の方を気にする人が多いので、結婚式やお葬式、引越しに関しては六曜基準で行った方が実害は少なくなります。

実害が無いとは、例えば友引に葬式を行うと主に年配の方から「友引にお葬式をあげるなんて、常識が無い!」という怒りの言葉や嫌味の言葉を言われないで済むということです。

「滅門日に葬式をあげるなんて、常識が無い!」なんて言う人はほぼいません。

以上、滅門日についてでした。

 

他の暦注下段を見る


コメント

タイトルとURLをコピーしました