三隣亡とは

三隣亡とは 選日

三隣亡は、選日(撰日)と呼ばれる暦注(暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などのこと)の1つです。

建築関係においての凶日とされていることが多く、選日の中ではもっとも有名です。

実際にはどういう凶日なのか、他の暦注(六曜や選日)と重なった時にどうう考えれば良いか説明します。

三隣亡とは

  • 読み方:三隣亡
  • 別称・俗称:ー

選日暦注下段と言われる暦注の中でもっともどのような日かの規定がはっきりしない割に一番有名になっている選日が三隣亡です。

三隣亡の吉凶

三隣亡という字面から、この日に建築事を行うと三軒隣まで亡ぼすとされたため、建築関係においては大凶日とされていました。現在でも、棟上げなど建築に関することの凶日とされ、建築関係の行為は避けられることが少なくありません。

「高い所へ登るとけがをする」と書いている暦もあります。

三隣亡の由来

三隣亡にはいろいろな説があり、由来もはっきりしません。

宣明暦時代(西暦823年から1685年)に伊勢暦の一部などにあった暦注である「保呂風日」に代表される七個の悪日の1つと言われていることもありますが、その時代に「三隣亡」という言葉は出てきません。

三隣亡という言葉が出来た書物だと1800年代前半頃からとなっています。

江戸時代の古い雑書には「三輪宝」というものがあり、意味は「屋立てよし」「蔵立てよし」、つまり建築関係に良いとされる暦注となっていました。

これがいつの頃からか、「屋立てあし」「蔵立てあし」というように「よ」と「あ」を書き間違えられるように悪い意味になっていき、悪い意味で三輪宝では都合が悪いということで、同音の「三隣亡」に書き改められたという説もあります。

由来が全くわからない暦注なのに、選日・暦注下段で一番有名になって今でも意識する人がいるというのは非常に面白いことだと思います。

三隣亡の配当と日にち

三隣亡の配当は、節月で下記の日に割り当てられています。

現在の一般的な1月・2月とは異なるので勘違いしないようにしてください。

  • 1月・4月・7月・10月:亥の日
  • 2月・5月・8月・11月:寅の日
  • 3月・6月・9月・12月:午の日

参考までに2022年と2023年の節月は下記の通りです。

2022年の節月

  • 1月=2月4日~3月4日
  • 2月=3月5日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月4日
  • 4月=5月5日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月6日
  • 7月=8月7日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月6日
  • 10月=11月7日~12月6日
  • 11月=12月7日~2023年1月5日
  • 12月=2023年1月6日~2月3日

2023年の節月

  • 1月=2月4日~3月5日
  • 2月=3月6日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月5日
  • 4月=5月6日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月7日
  • 7月=8月8日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月7日
  • 10月=11月8日~12月6日
  • 11月=12月7日~2024年1月5日
  • 12月=2024年1月6日~2月3日

2022年の三隣亡カレンダー

2022年の三隣亡は下記の通りです。

日にち 節月 曜日 六曜 日干支
2022年1月1日 11月 土曜日 先負 甲寅
2022年1月5日 12月 水曜日 友引 戊午
2022年1月17日 12月 月曜日 友引 庚午
2022年1月29日 12月 土曜日 友引 壬午
2022年2月15日 1月 火曜日 先負 己亥
2022年2月27日 1月 日曜日 先負 辛亥
2022年3月14日 2月 月曜日 先勝 丙寅
2022年3月26日 2月 土曜日 先勝 戊寅
2022年4月11日 3月 月曜日 先勝 甲午
2022年4月23日 3月 土曜日 先勝 丙午
2022年5月10日 4月 火曜日 先勝 癸亥
2022年5月22日 4月 日曜日 先勝 乙亥
2022年6月3日 4月 金曜日 先負 丁亥
2022年6月6日 5月 月曜日 赤口 庚寅
2022年6月18日 5月 土曜日 赤口 壬寅
2022年6月30日 5月 木曜日 先勝 甲寅
2022年7月16日 6月 土曜日 大安 庚午
2022年7月28日 6月 木曜日 大安 壬午
2022年8月14日 7月 日曜日 大安 己亥
2022年8月26日 7月 金曜日 大安 辛亥
2022年9月7日 7月 水曜日 先勝 癸亥
2022年9月10日 8月 土曜日 仏滅 丙寅
2022年9月22日 8月 木曜日 仏滅 戊寅
2022年10月4日 8月 火曜日 大安 庚寅
2022年10月8日 9月 土曜日 先負 甲午
2022年10月20日 9月 木曜日 先負 丙午
2022年11月1日 9月 火曜日 大安 戊午
2022年11月18日 10月 金曜日 仏滅 乙亥
2022年11月30日 10月 水曜日 大安 丁亥
2022年12月15日 11月 木曜日 友引 壬寅
2022年12月27日 11月 火曜日 仏滅 甲寅

31日間あります。

この選日方法だと他の選日・暦注下段と重なることが多くあります。

  • 2月節の三隣亡の日は一粒万倍日帰忌日と重なる
  • 3月節の三隣亡の日は天火日と重なる
  • 5月節の三隣亡の日は帰忌日と重なる
  • 6月節の三隣亡の日は受死日と一粒万倍日と重なる
  • 9月節の三隣亡の日は一粒万倍日と重なる

他の凶日や吉日と重なることから考えてもいろいろな考え方があったことがわかりますね。

三隣亡が他の暦注と重なった時の優先度

三隣亡が他の暦注と重なった場合、例えば吉日となる一粒万倍日や大安等の吉日と重なった場合や、凶日となる受死日や仏滅と重なった場合、どちらが優先されるのか?

それは特に決まっていませんし、決めるのはあなた自身です。

ただある程度の目安を紹介しておきます。

六曜と三隣亡が重なった場合

大安や仏滅、友引等の六曜と重なった場合、仏滅や赤口ならともに凶日となるので、控えた方が良いかもしれませんね。

大安や友引のような吉日なら三隣亡と重なった場合、どちらを優先したら良いのか?目安としては2つです。

  • 自分だけのこと:好きなように捉えて問題なし
  • 家族や親しい人にも影響すること:六曜を優先した方が良い

自分だけのことなら、何を信じるかだけの話なので無視したければ無視して全く構いません。

家族や親しい人にも影響する場合、例えば結婚式や葬式であれば、六曜を優先した方が無難です。

無難というのは、十方暮という選日を気にしている人はかなり少ないですが、六曜を気にしている人が多いからです。

例えば三隣亡だから大吉だけど結婚式をズラして、先勝の午後に結婚式を行ったら親戚や親御さんから「先勝の午後に結婚式をするなんて常識が無い!」なんて嫌味や悪口、陰口を言われる可能性が高くなります。しかし三隣亡を意識している人は少ないですから、大安や友引にした方が嫌味や悪口。陰口を言われることは圧倒的に少なくなります。

上記の理由により、どちらかを優先するのなら実害の少ない六曜を優先する方が良いでしょう。

一粒万倍日や受死日等の選日と重なった場合

六曜に比べれば知名度の少ない選日暦注下段と重なった場合、どちらを優先したら良いのかということであれば、信じる方で構いません。

ただ三隣亡は建設に関しての凶日という考え方であるのなら、建築に関係しないことなら、気にしなくて構わないのではないでしょうか?

三隣亡に関すること

三隣亡に関することを記していきます。

地域によって異なる三隣亡の吉凶

今ほど簡単に情報が伝わらなかった昔、地域による暦注の解釈は異なっていました。また地域によって暦が出されていたこともあり、地域によって暦注の意味も異なることがありました。

新潟県や群馬県の一部では三隣亡の日に土産物を貰った者は没落し、贈った方は成金になるという言い伝えがあり、三隣亡の日に贈り物を贈ることは避けるのが風習となっています。

また庄内地方には「寅年・午年・亥年は一年中三隣亡」というものがあります。日としての三隣亡がなぜか年として伝わってしまったと言われています。

三隣亡に関するリンク

他の選日

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました