一粒万倍日とは

一粒万倍日とは 選日

数年前までは全く話題になることが無かった一粒万倍日、選日(撰日)と呼ばれる暦注(暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などのこと)の1つです。

最近では宝くじ売り場でよく見かける言葉ですが、どういう意味でどういう吉凶があるのか詳しく説明します。

基本的には吉日で、何かを始めるのには良い日となっています。

一粒万倍日とは

  • 読み方:いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち
  • 別名・俗称:万倍

一粒万倍日の字義は「一粒のモミが万倍にも実る稲穂」というものです。

一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。

但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされるので、気をつけた方がいいでしょう。

また同じ意味合いで、借りを作る、失言をする、他人を攻撃する、浪費などもトラブルが倍増するので避けたほうがいいとされています。

一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減すると言われています。

購入した金額の何万倍にも増えるということで、宝くじを買うのに良い日ともされており、一粒万倍日の日には「一粒万倍日」と貼り出す宝くじ売り場も増えています。

一粒万倍日の吉凶

基本的には大吉日であり、ほとんどのことに良い日とされていますが、中でも下記のことで良いとされています。

  • 仕事始め・開店・種まき・お金を出すこと
  • 宝くじの購入・財布の購入

ただし下記のことは凶とされています。

  • お金を借りること(借金)
  • 物を借りたりすること
  • 失言をする・他人を攻撃する

これは借金や攻撃が万倍にもなる、借りや恨みが万倍にもなるということでマイナスに働くために凶事とされています。

言い換えれば人を喜ばすことなら恩が万倍にもなって帰ってくることになり吉事となります。

一粒万倍日の由来

一粒万倍日はお経が元と言われています。

報恩経というお経で元は8世紀・奈良時代に書かれたと言われています。

世間求利、莫先耕田者、種一万倍
世間に利を求むるは、田を耕す者に先んずるはなし。一を種えて万倍す。
一粒の籾(もみ)が実って稲穂になると、万倍にもなる。

出典:福島みんなのNEWS

一粒万倍日の配置と日にち

一粒万倍日は、節月で下記の日に割り当てられています。

現在の一般的な1月・2月とは異なるので勘違いしないようにしてください。

  • 1月は丑の日・午の日
  • 2月は酉の日・寅の日
  • 3月は子の日・卯の日
  • 4月は卯の日・辰の日
  • 5月は巳の日・午の日
  • 6月は酉の日・午の日
  • 7月は子の日・未の日
  • 8月は卯の日・申の日
  • 9月は酉の日・午の日
  • 10月は酉の日・戌の日
  • 11月は亥の日・子の日
  • 12月は卯の日・子の日

参考までに2021年と2022年の節月は下記の通りです。

2021年の節月

  • 1月=2月3日~3月4日
  • 2月=3月5日~4月3日
  • 3月=4月4日~5月4日
  • 4月=5月5日~6月4日
  • 5月=6月5日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月6日
  • 7月=8月7日~9月6日
  • 8月=9月7日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月6日
  • 10月=11月7日~12月6日
  • 11月=12月7日~2022年1月4日
  • 12月=2022年1月5日~年2月3日

2022年の節月

  • 1月=2月4日~3月4日
  • 2月=3月5日~4月4日
  • 3月=4月5日~5月4日
  • 4月=5月5日~6月5日
  • 5月=6月6日~7月6日
  • 6月=7月7日~8月6日
  • 7月=8月7日~9月7日
  • 8月=9月8日~10月7日
  • 9月=10月8日~11月6日
  • 10月=11月7日~12月6日
  • 11月=12月7日~2023年1月5日
  • 12月=2023年1月6日~年2月3日

2021年の一粒万倍日

2021年の一粒万倍日は63日あります。ただし一粒万倍日を打ち消すと言われている「不成就日」、最悪の凶日と言われる「受死日」、そしてもっともポピュラーな六曜も併記しておいたので、参考にしてください。

日付のみ 一粒万倍日 不成就日 受死日 六曜 干支の日
1月3日 赤口 亥の日
1月4日 先勝 子の日
1月7日 仏滅 卯の日
1月16日 先負 子の日
1月19日 赤口 卯の日
1月28日 先負 子の日
1月31日 赤口 卯の日
2月3日 先負 午の日
2月10日 仏滅 丑の日
2月15日 仏滅 午の日
2月22日 大安 丑の日
2月27日 仏滅 午の日
3月7日 赤口 寅の日
3月14日 先負 酉の日
3月19日 友引 寅の日
3月26日 先負 酉の日
3月31日 友引 寅の日
4月10日 赤口 子の日
4月13日 仏滅 卯の日
4月22日 先勝 子の日
4月25日 仏滅 卯の日
5月4日 先勝 子の日
5月7日 仏滅 卯の日
5月8日 大安 辰の日
5月19日 大安 卯の日
5月20日 赤口 辰の日
5月31日 大安 卯の日
6月1日 赤口 辰の日
6月14日 先負 巳の日
6月15日 仏滅 午の日
6月26日 先負 巳の日
6月27日 仏滅 午の日
7月9日 仏滅 午の日
7月12日 友引 酉の日
7月21日 大安 午の日
7月24日 友引 酉の日
8月2日 大安 午の日
8月5日 友引 酉の日
8月8日 先勝 子の日
8月15日 友引 未の日
8月20日 先勝 子の日
8月27日 友引 未の日
9月1日 先勝 子の日
9月9日 仏滅 申の日
9月16日 大安 卯の日
9月21日 仏滅 申の日
9月28日 大安 卯の日
10月3日 仏滅 申の日
10月13日 仏滅 午の日
10月16日 先勝 酉の日
10月25日 仏滅 午の日
10月28日 先勝 酉の日
11月6日 大安 午の日
11月9日 友引 酉の日
11月10日 先負 戌の日
11月21日 友引 酉の日
11月22日 先負 戌の日
12月3日 友引 酉の日
12月4日 大安 戌の日
12月17日 赤口 亥の日
12月18日 先勝 子の日
12月29日 赤口 亥の日
12月30日 先勝 子の日

例えば1月4日・2月3日・2月22日・3月14日・5月31日・6月14日・9月16日は、一粒万倍日ですが、それを打ち消す不成就日と重なっているため、一粒万倍日の効果は得られないと言われています。

もし結婚や何かしらの吉事の望むのであれば、一粒万倍日であり、不成就日や受死日、仏滅・赤口が重ならない日を選ぶのが良いでしょう。

一粒万倍日に関すること

一粒万倍日に関することを書いていきます。

一粒万倍日と他の暦注との重なりの優先度

他の選日や暦注下段、六曜等の他の暦注と重なった場合にどうなるか、気になるところでしょう。

先述していますが、一粒万倍日と対抗する日として「不成就日」があります。

一粒万倍日と不成就日は重なることがあり、打ち消し合って効果が無くなると言われます。

そのため不成就日と重なった時は普通の日になると考えるのが良いと思います。

他の暦注、例えば受死日は最凶の凶日と言われているので、受死日と重なった時はむしろマイナスと考えて良いでしょう。

六曜に関しては気分として影響するので、それぞれの六曜の吉とされる時間を見れば仏滅以外は問題ないと言えます。

一粒万倍日に関するリンク

他の選日

コメント

タイトルとURLをコピーしました