2月5日の記念日・プロ野球の日・ピカチュウの日

2月5日の記念日・プロ野球の日・ピカチュウの日 2月の歳時記

2月5日には、少ないながらも記念日が記念日が登録・制定されています。

25という数字からの語呂合わせは「にこ」なんて思いつきますが、実際にはどんな記念日が登録されているのか、紹介します。

プロ野球の日(職業野球連盟設立の日)

1936年(昭和11年)2月5日に、全日本職業野球連盟が結成され、プロ野球が誕生したことに由来して制定されました。

当時の加盟チームは、東京巨人軍、大阪タイガース、名古屋ドラゴンズ、東京セネタース、名古屋金鯱軍、阪急軍、大東京軍の7チームだったそうです。

ピカチュウの日

「ポケットモンスター」シリーズのキャラクター、ピカチュウのポケモン全国図鑑ナンバー「No.025」が由来であり、ファンの間で記念日化していました。

2020年にポケモン情報局(公式Twitter)がツイートで取り上げ、公認化されたことになっています。

ふたごの日

愛知県豊明市に本社を置き、双子グッズの専門店である株式会社ベラミが制定しました。

日付は「ふ(2)たご(5)」(双子)と読む語呂合わせからとなっています。

双子並びに多胎児の育児がしやすい環境づくりを考える日となっています。

笑顔の日

2と5の語呂合わせで、いつもニコニコと笑顔になっていようということで「笑顔の日」となっています。

制定したのはボランティア団体ということですが、詳細はわかっていません。

ニゴロブナの日

2月5日から2月7日までの3日間に及ぶ記念日です。

1500年の歴史を誇る滋賀県の伝統的な発酵食品で、郷土料理百選にも制定されている「鮒ずし」は、琵琶湖の固有種であるニゴロブナを使用しています。

その産地である滋賀県高島市がニゴロブナを全国にPRし、後世に伝えていくことを目的に制定しました。

日付(2月5日・6日・7日)は2と5、6、7で「ニゴロブナ」と読む語呂合わせと、この頃が最も美味しいことからとなっています。

以上、2月5日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました