2月11日の記念日・わんこそば記念日・仁丹の日

2月11日の記念日・わんこそば記念日・仁丹の日 2月の歳時記

2月11日には、いくつかの記念日が記念日が登録・制定されています。

2月11日と言えば、建国記念の日であり元は「紀元節」という日だっただけに、少し記念日を制定しにくい日かもしれませんが、実際にはどんな記念日が登録されているのか、紹介します。

建国記念の日については下記記事をご覧ください。

建国記念の日
建国記念の日は、日本国政府が定める「国民の祝日」になっている日であり、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」日とされています。建国記念日は2月11日とされていますが、どうしてこの日になったのか、どういう日なのか詳しく説明します。

文化勲章制定記念日

1937年2月11日、文化勲章が制定されたことにちなんで「文化勲章制定記念日」となっています。

文化勲章(ぶんかくんしょう)は、日本の勲章の一つです。

科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績を挙げた者に授与される、単一級の勲章となっています。

万歳三唱の日

1889年、大日本帝国憲法発布の祝典ではじめて万歳三唱が行なわれたことを記念して制定されました。

当時は天皇への祝意を表すものとして明治政府が万歳を奨励していました。

わんこそば記念日

岩手県名物のわんこそばの元祖・発祥の地とされる岩手県花巻市で「わんこそば全日本大会」を運営する「わんこそば全日本大会運営委員会」が制定しました。

1957年(昭和32年)から続く同大会は、1980年(昭和55年)から開催日が2月11日となり、全国から多数の「食士」が参加しています。

大会では小学生・中高生・団体・個人などの種目で制限時間内に食べられるわんこそばの数を競います。

仁丹の日

口中清涼剤「仁丹」の製造販売元として知られ、大阪市に本社を置く森下仁丹株式会社が制定しました。

日付は自社の創業日である1893年2月11日と、「仁丹」の発売日である1905年2月11日からとなっています。

森下仁丹は100年以上の長きにわたり、医薬品や健康食品などを手がけてきた日本を代表する医薬品メーカーのひとつです。

干支供養の日

一年間大切に飾られ、厄を払ってくれた干支置物に感謝し、また元の土に還す日をと、愛知県瀬戸市の干支置物を中心とする陶磁器メーカーの株式会社中外陶園が制定しました。

日付は立春明けの2月の最初の土(つち)の日として、漢字の土は十と一で出来ていることから11日としたそうです。

以上、2月11日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました