3月1日の記念日・マヨネーズの日・デコポンの日

3月1日 3月の歳時記

どの月も1日は記念日が多く登録されていますが、3月1日もいくつかの記念日が登録されています。

マヨネーズの日、デコポンの日、オリジナルTシャツの日の3つが3月1日が記念日となっています。

それぞれについて説明します。

マヨネーズの日

3月1日は「マヨネーズの日」として登録されています。

どこが登録したかと言えば、マヨネーズと言えばキューピーのキューピー株式会社です。

キューピーが初めて日本でマヨネーズを製造・販売したのが1925年(大正14年)の3月でした。この3月と日本初のマヨネーズだったことで「1」日にちなんで、3月1日はマヨネーズの日となりました。

今でこそ日本においてはマヨネーズは欠かせない調味料であり、食材です。マヨラーなる言葉まで生み出し、マヨネーズなしでは暮らせないという人まで出るほど定着しました。

なお正確なマヨネーズの発売日は、1925年(大正14年)の3月9日となっています。

中々、受け入れられず苦戦するなら、1941年には年間出荷量500トン近くまで達しましたが、戦争により原材料が入手困難となり製造を中止、再開は1948年だったそうです。

デコポンの日

柑橘類で、九州の方で採れることは何となくわかるけど、認知度は今ひとつとも言える「デコポン」は3月1日が「デコポンの日」としています。

デコポンは、熊本県果実連が所有する登録商標です。

「デコポン」の果実は1991(平成3)年3月1日に熊本県から初めて市場に出荷され、1997(平成9)年からは日園連が熊本果実連と商標名使用許諾契約を締結しました。

これに基づき日園連と再使用契約を締結した柑橘関係県の農協・県連を通じて出荷される果実に限り「デコポン」の名称で出荷できることになり、統一名称として現在に至っています。

2006(平成18)年には、「デコポン」の初出荷から15周年を迎えたことを契機に、「デコポン」が初めて市場出荷された3月1日を『デコポンの日』として制定し、(一社)日本記念日協会に登録しました。

オリジナルTシャツの日

もう知ってる人なんて、ほとんどいないんじゃないか?と思うくらいの記念日ですが、3月1日は「オリジナルTシャツの日」として登録されています。

Message(メッセージ)・Memorial(想い出)・Mind(心・絆)、3つの「M」を世界でたった1つのTシャツにたくさん詰め込んで欲しいという日本オリジナルTシャツ協会の願いを数字の「3」と「1」にかけて、3月1日をオリジナルTシャツの日に制定したそうです。

参考:日本オリジナルTシャツ協会

3月1日が起点となる週間・旬間

3月1日が起点となる月間や週間や旬間を紹介します。

政府が実施しているものが中心です。

  • 自殺対策強化月間(3月1日~3月31日)
  • 春季全国火災予防運動(3月1日~3月7日)
  • 車両火災予防運動(3月1日~3月7日)
  • 全国山火事予防運動(3月1日~3月7日)
  • 女性の健康習慣(3月1日~3月8日)

火災関係の予防運動がメインに行われています。

毎月1日が記念日になっているもの

月に限らず、毎月1日が記念日になっているものを紹介します。

あずきの日

「古事記」の穀物起源神話にも書かれているほど古くから食べられていたあずき。

毎月1日と15日には小豆ご飯を食べる習慣もありました。

利尿作用、便通、乳の出にも効果的とされるあずきを食べて健康になってもらえたらと、三重県津市に本社を置き、あずきの製品を扱う井村屋グループ株式会社が制定しました。

日付は毎月1日にあずきを食す習慣を広めたいとの願いから毎月1日としています。

釜飯の日

日本文化のひとつ釜飯をより身近に、より多くの人に食べてもらいたいとの思いから、福岡県北九州市に本社を置き、釜飯専門店「釜めしもよう」と「釜のや」を全国展開する株式会社前田家が制定しました。

日付は「釜めしもよう」の創業記念日である1995年7月1日の1日にちなんで、毎月1日となっています。

資格チャレンジの日

行政書士、社会保険労務士などの資格取得の通信講座で知られる株式会社フォーサイトが制定しました。

自己啓発、転職、就職などで重要な資格とその取得について、毎月の初日である1日に考え、資格取得に挑戦してより良き人生を目指してもらうのが目的となっています。

以上、3月1日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました