10月14日の記念日・鉄道の日・くまのプーさん原作デビューの日

10月14日の記念日・鉄道の日・くまのプーさん原作デビューの日 10月の歳時記

10月14日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。

1014という数字からは語呂合わせは想像出来ませんが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。

鉄道の日

1922年(大正11年)に日本国有鉄道が「鉄道記念日」として制定しました。

日付は1872年10月14日(明治5年9月12日)に、新橋駅(後の汐留貨物駅・現在廃止) – 横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)間に日本で初めての鉄道が正式開業したことに由来しています。

「鉄道記念日」のままでは国鉄色が強いということで、1994年に運輸省(現在の国土交通省)の提案により「鉄道の日」と改称し、JR以外の民間鉄道も含めての記念日となりました。

塩美容の日

神奈川県横浜市でオリジナル製品の企画・販売、塩美容事業などを手がける合同会社ドクター・プラーナビーが制定しました。

洗顔、マッサージ、入浴など、美容面でもさまざまな使い方のある塩の魅力を多くの女性に伝えることが目的です。

日付は10を「い(1)いお(0)しお」、14を「い(1)いし(4)お」と読む語呂合わせからです。

焼うどんの日

焼うどん発祥の地の福岡県北九州市小倉で、まちおこしの活動をしている小倉焼うどん研究所が制定しました。

小倉の焼うどんを全国に広め、その歴史、地域に根ざした食文化を理解してもらうのが目的です。

日付は2002年10月14日に、静岡県富士宮市の「富士宮やきそば学会」との対決イベント「焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~」を行い、北九州市小倉が焼うどん発祥の地として有名になったことからです。

くまのプーさん原作デビューの日

世界中で愛されている「くまのプーさん」の原作が発売された日(1926年10月14日)を記念日としてウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が制定しました。

プーさんとゆかいな仲間達が楽しく暮らす100エーカーの森にちなみ、環境・森林保護を考える日としています。

世界標準の日

国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議 (IEC) が制定しました。

日付は25か国の代表者が初めてロンドンに集まり、標準化促進に焦点を当てた国際組織の設立を決定した1946年10月14日に由来しています。

国際標準化機構(ISO)は翌年の1947年に設立されたが、初めて世界標準の日が祝われたのは、1970年以降のことでした。

この日は、アメリカ機械学会 (ASME)[2]、国際電気標準会議(IEC)、国際標準化機構(ISO)、国際電気通信連合(ITU)、電気電子技術者協会(IEEE)およびインターネット・エンジニアリング・タスク・フォース(IETF)などの標準化団体で標準規格を策定する何千人もの専門家の努力を称えるようになっています。

世界標準の日は、規制当局、業界、消費者の間で、世界経済において標準化することが重要であるという認識を高める目的があります。

以上、10月14日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました