3月9日の記念日・ありがとうの日・ミクの日

3月9日の記念日・ありがとうの日・ミクの日 3月の歳時記

3月9日には非常に数多くの記念日が登録・制定されています。

語呂合わせで考えれば「3」と「9」で、ミク・サンキュー等は簡単に想像出来ますが、実際にはどういった記念日が登録されているか紹介します。

ありがとうの日・3.9デイ(ありがとうを届ける日)

3と9で39(サンキュー)ということで3月9日は「ありがとうの日」とされています。

ただ「ありがとうの日」として、3月9日が定められたというものは発見出来なかったのですが、「3.9デイ(ありがとうを届ける日)」を「ありがとうの日」として紹介しているところもありました。

「3.9デイ(ありがとうを届ける日)」は、NPO法人のHAPPY&THANKSが社会教育の推進や子どもの健全育成などの活動で、よりよい人材育成と社会の発展などを目的に制定したものです。

「ありがとう」という言葉に託して感謝を伝えあう日とされています。

ミクの日

雪ミクの大雪像

日本記念日協会には登録されていないものの、3月9日はボーカロイド「初音ミク」のファンによって命名された「ミクの日」となっています。

2010年3月9日はセガが主催となり「ミクの日感謝祭 39’s Giving Day”」と題し、初音ミクの記念すべきソロコンサートをZepp Tokyoにて開催しました。

初音ミクファンにとっては記念すべき日となっています。

なお初音ミクを開発した「クリプトン・フューチャー・メディア」は札幌に拠点を置く企業であり、北海道は雪ミクとして北海道を代表するシンガーとなっています。

なお管理人は現在、札幌に住んでおり雪ミクのファンです。

感謝の日

「父の日」「母の日」など身内に対する感謝の日はいくつかあるが、人生を重ねていくうえで、いろいろな形で感謝したい人や出来事に出会います。

そんな今までの人生でめぐりあったものに思いを寄せる日をと、愛媛県の横山重子氏が制定しました。

日付は3と9で「サンキュー」の語呂合わせからです。

記念切手記念日

1894年(明治27年)3月9日に、日本初の記念切手が発行されました。

明治天皇・皇后両陛下のご成婚25周年を記念して発行されたもので、菊の紋章に雌雄の鶴2羽が描かれたデザインとなっており、紅色で内地用の2銭と青色で外地用の5銭の2種類でした。

この日を記念して3月9日は記念切手記念日となっています。

レコード針の日

3月9日はレコード針の日として、日本記念日協会には登録されていないものの、レコードファンには共通の認識として存在しています。

ただなぜ3月9日がレコード針の日なのか、理由がわかっていません。

それでもレコード針に関するイベントが日本各地で大規模では無いものの、行われています。

有名なところでは、レコード針の日に因んで、レコード針供養を行うところもあります。

さく乳の日

ベビー用品をはじめとして育児やマタニティ製品、女性ケア、ホームヘルスケア、介護用品などの製造販売を手がけるピジョン株式会社が制定しました。

赤ちゃんがそばにいないとき、すぐに与えられないときなど、母乳を保存しておくことで母乳育児をさまざまなシーンでアシストする「さく乳器」、母乳育児をもっと自由にして、ママたちの生活がもっとフレキシブルになるように「さく乳器」について広く適切な情報を発信し広めていく日とするのが目的とされています。

日付は3と9で「さ(3)く(9)乳」の語呂合わせから決められました。

サクナの日

鹿児島県の喜界島の喜界町に本社を置き、農産物や薬草の栽培と販売などを行う株式会社喜界島薬草農園が制定しました。

健康長寿の島として知られる喜界島では、青汁の原料として使われるボタンボウフウ(長命草)のことを「サクナ」と呼び、一株食べると1日長生きできるという言い伝えがあるほどのパワーベジタブルとされています。

「サクナ」を使った製品を開発し、喜界島の活性化に寄与していくのが目的となっています。

日付は「サクナ」の旬が春であることと、3と9で「サ(3)ク(9)ナ」と読む語呂合わせから決めたそうです。

3.9サキュレントデー

群馬県館林市でサボテン・多肉植物の生産からデザイン、販売を手がけるサボテン相談室が制定しました。

サキュレント(多肉植物)ファンに癒しと幸せを与えてくれるさまざまなサキュレントに感謝の気持ちを伝える日としています。

記念日名は「サンキューサキュレントデー」と読み、日付はサキュレントに「ありがとう」を伝えるとの意味から3と9で「サンキュー=3.9」と「サ(3)キュ(9)レント」の語呂合わせを組み合わせたものです。

感謝状Shopの日

茨城県つくば市で学習参考書の制作と「感謝状Shop」の運営などを手がける株式会社シーアンドシーが制定しました。

同社が運営する「感謝状Shop」は心のこもった美しいオリジナルな感謝状を受注で作成しています。

経営者が社員への感謝の気持ちを伝えたり、家族同士がその絆を深めるためなど、さまざまな場面で「ありがとう」という気持ちを感謝状を贈ることで表してもらうのが目的です。

日付は3と9で「ありがとう」を意味する「サン(3)キュー(9)」の語呂合わせから決めたそうです。

ざっくぅの日

ZAQ

株式会社ジュピターテレコムが制定しました。一般的にはJ:COMと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

「ざっくぅ」とは同社が運営するケーブルインターネットサービス「ZAQ(ザック)」のキャラクターです。

ケーブルテレビのある地域に棲息し、人々が「安全」「安心」「快適」「便利」にインターネットを利用できるように、いつもそばで見守っているとしています。

その「ざっくぅ」をさらに多くの人に知ってもらうのが目的です。

日付は3と9で「ざ(3)っくぅ(9)」と読む語呂合わせから決めたそうです。

松本山賊焼の日

長野県松本市で郷土料理の松本山賊焼を愛する市民や事業所によって設立された「松本山賊焼応援団」が制定しました。

松本山賊焼は鶏肉をにんにくなどが入ったタレに漬け込み片栗粉をつけて揚げたものです。

松本の地元グルメ、名物として県内外の多くの人に松本山賊焼の美味しさを知ってもらい、松本市の魅力のひとつとして広めるのが目的とされています。

日付は3と9で「さん(3)ぞく(9)」の語呂合わせからです。

西京漬の日

京都府京都市に本社を置き、西京漬を中心とした京都の食文化を伝える商品を手がける株式会社京都一の傳 が制定しました。

西京漬とは西京味噌で漬けられた魚や肉などのことで、その美味しさを多くの方に味わってほしいとの願いが込められています。

日付は同社では魚を二昼夜以上漬け込む「本漬け」と呼ばれる昔ながらの製法でつくり、素材の旨味を引き出していることから、3と7で「サ(3)カナ(7)」と読む3月7日の二昼夜後の3月9日としたそうです。

サンクスサポーターズデー

日本生命保険相互会社が制定しました。

日頃、支えてくれている人に感謝の気持ちを伝える日とするのが目的となっています。

日付は3と9で「サン(3)キュー(9)=ありがとう」の語呂合わせからです。

さくさくぱんだの日

岡山県岡山市に本社を置くカバヤ食品株式会社が制定しました。

自社の人気商品でパンダの顔の形をしたチョコビスケット「さくさくぱんだ」のおいしさ、かわいらしさをさらに多くの人に知ってもらうのが目的です。

日付は「さ(3)く(9)さ(3)く(9)ぱんだ」の語呂合わせと、3月9日は「3.9ディ(ありがとうを届ける日)」であることから「さくさくぱんだ」を贈ることで「ありがとう(サンキュー)」を伝える日にとの思いから決めたそうです。

ミックスジュースの日

大阪府大阪市でコーヒーストアの経営などを手がける「おおきにコーヒー株式会社」が制定しました。

自社のメニューにもある大阪のエナジードリンク「ミックスジュース」を世界に広め、みんなで笑顔になろうという「おおきに!ミックスジュースプロジェクト」を推進するのが目的です。

日付は3と9で「ミ(3)ック(9)ス」の語呂合わせから。「おおきに=ありがとう=thank you=39」にも掛かっているとのことです。

ザグザグの日

岡山県岡山市に本社を置き、中国、四国地方で数多くのドラッグストア、調剤薬局を展開する株式会社ザグザグが制定しました。

店舗名でもある「ザグザグ」(ZAG ZAG)をより多くの人にPRするのが目的です。

日付は3と9で「ザグザグ」の「ZAG(ザ=3とグ=9)」と読む語呂合わせからとなっています。

試薬の日

一般社団法人日本試薬協会が制定しました。

試薬は試験研究用として、化学、生物、材料、臨床検査、環境分析など広い分野において用いられ、科学技術の振興などに役立っていることを広く知らせるのが目的です。

日付は日本で初めて「試薬」という言葉を使った津山藩医で幕末の蘭学者であった宇田川榕菴(うだがわようあん)の生誕日(1798年3月9日)にちなんで、決めたそうです。

脈の日

脳卒中に関する正しい知識の普及と予防、患者の自立と社会参加の促進を目的として、大阪府大阪市に本拠に活動する公益社団法人日本脳卒中協会が制定しました。

不整脈の一種である心房細動が原因で起こる脳梗塞は死亡率が高く重い後遺症を残すことが多くなっています。しかし、適切な管理をすることで脳梗塞の6割は予防出来ることから、その予防法のひとつとして脈のチェックを呼びかけるのが目的としています。

日付は3と9で「みゃ(3)く(9)」の語呂合わせからです。

子宮体がんの日

子宮の内側の粘膜にできる悪性腫瘍の「子宮体がん」のことを多くの人に知ってもらい、早期の発見につながる検診や予防の啓発を目的に、茨城県で活動する「子宮体がんの会 ももとうふ」が制定しました。

「子宮体がん」のシンボルはピーチリボンです。

日付は「子宮頸がんを予防する日」が4月9日であることから、頸部よりも体の上にできるがんなのでその1ヶ月前の3月9日を「子宮体がんの日」としたそうです。

雑穀の日

日本古来からの主食の原点ともいえる雑穀の素晴らしさについて、より多くの人に知ってもらおうと日本雑穀協会が制定しました。

日付は3と9で「ざっこく」と読む語呂合わせからです。

雑穀料理のコンテスト、会員企業による店頭PR、雑穀産地でのイベントなどを行っているそうです。

佐久の日・ケーキ記念日

日本三大ケーキのまちのひとつ、長野県佐久市の「信州佐久ケーキ職人の会」が、佐久のおいしいケーキをPRすることを目的に制定しました。

日付は3と9で「佐久(さく)」と読む語呂合わせからです。

以上、3月9日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました