7月14日の記念日・求人広告の日・しんぶん配達の日

7月14日の記念日・求人広告の日・しんぶん配達の日 7月の歳時記

7月14日には、少ないながらもいくつかの記念日が登録・制定されています。

714という数字からは語呂合わせは想像出来ませんが、実際にどんな記念日が登録されているのか、紹介します。

求人広告の日

1872年(明治5年)7月14日、「東京日日新聞」に日本初の求人広告が掲載されたことを記念して「求人広告の日」となっています。

この時の求人は「乳母」でした。今では信じられないと思うかもしれませんが、当時としては珍しい募集ではありませんでした。

平田村あじさい記念日

福島県石川郡平田村の平田村役場が制定しました。

平田村の公園施設「ジュピアランドひらた」には村民有志によるあじさいの植栽がきっかけで、約2万7000株のあじさいが植えられています。

2018年7月14日には園内で植栽されたあじさい372品種が開花し「展示されたあじさいの最多品種数」としてギネス世界記録に公式認定されました。

これを記念するとともに平田村の美しいあじさいを多くの人に知ってもらうのが目的です。

日付はギネス世界記録になった日であり、園内のあじさいの開花の最盛期を迎える頃から7月14日としたものです。

しんぶん配達の日

毎日、さまざまなニュースを届け、文字・活字文化の一端をになう新聞の戸別配達制度、その制度を支えて、早朝から雨の日も雪の日も新聞を定時に配達するために汗を流している新聞配達所の所長、従業員にスポットライトを当てたいと、公益社団法人日本新聞販売協会が制定しました。

日付は1977年(昭和52年)のこの日、日本初の気象衛星「ひまわり」が打ち上げられたことにちなみ、気象衛星が地球を回って情報をもたらすことと、新聞の配達が戸別に回って社会の知識、情報を提供することの共通のイメージからとなっています。

月でひろった卵の日

「果子乃季」の屋号で山口県内各地で和洋菓子の販売を行っている山口県柳井市に本社を置くあさひ製菓株式会社が制定しました。

日付は1987年(昭和62年)7月14日にその1号店がオープンし、メイン商品の「月でひろった卵」が販売されたことからです。

「月でひろった卵」は蒸しカステラの中からクリームがとろけるまろやかで優しい味わいの山口銘菓です。

内視鏡の日

内視鏡は1950年に日本で、世界で初めて胃カメラによる胃内撮影に成功して以来、医学の各分野で高く評価され、診断、治療に役立てられてきました。

その内視鏡医学のさらなる発展と普及を願い、公益財団法人「内視鏡医学研究振興財団」が制定しました。

日付は7と14で「内視(ないし)」と読む語呂合わせからです。

ゼラチンの日

ヨーロッパで生まれ、さまざまな用途で使われるゼラチンの特性を広く認識してもらおうと、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が制定しました。

日付はゼラチンがフランス菓子と料理によく使われることからフランス革命の日としたそうです。

また、この時期はゼラチンやゼリーの消費が増えることもその理由のひとつとなっています。

ゼリーの日

ゼラチンで作ったゼリーの美味しさ、作る楽しさをより多くの人に知ってもらおうと日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が制定しました。

日付は「ゼラチンの日」である7月14日にしたそうです。

また、この時期がゼラチンゼリーの消費が高まることもその理由のひとつとなっています。

以上、7月14日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました