2月15日の記念日・春一番名づけの日・次に行こうの日

2月の歳時記

2月15日には、数少ないもののいくつかの記念日が記念日が登録・制定されています。

バレンタイン・デーの翌日ということもあり、一休みつきたい時期なのかもしれませんが、実際にはどんな記念日が登録されているのか紹介します。

春一番名づけの日

安政6年2月13日(旧暦・1859年)、壱岐郷ノ浦(長崎県壱岐島)の漁師53人が五島沖で突風に遭い全員が死亡した悲しい事故がおきました。

それ以前から、郷ノ浦の漁師の間で春の初めの強い南風が「春一」と呼ばれており、これが「春一番」の語源とされているそうです。

この春一番の語源となった日として「春一番名付けの日」とされています。

次に行こうの日

株式会社国立音楽院が制定しました。

学校になじめないなどさまざまなことで悩んでいる小学生、中学生、高校生が、同音楽院の自由な環境の中で一人ひとりに合った音楽活動を学び、新たな一歩を踏み出すきっかけの日とするのが目的となっています。

日付は4月の新学期を前に、2と15で「次に(2)行(1)こう(5)」の語呂合わせからです。

ツクールの日

ゲームソフトプログラムの知識がない人でも、手軽にゲーム制作が楽しめるソフトウェア「ツクール」シリーズを手がける株式会社KADOKAWAが制定しました。

日付は「ツクール」の語呂合わせで296、これを2月9+6日と見立てて2月15日としたそうです。

ゲーム制作の楽しさを広めることを目的としています。

2月15日に関すること

2月15日に関することを記していきます。

秋田横手のかまくら

例年2月15日は秋田県横手市の伝統行事「かまくら」が開催されます(2021年は実質的に中止)。

横手 かまくら

400年以上の歴史がある行事であり、小正月の行事です。

東北はこの時期に雪まつりが行われるところが多いのですが、小正月行事が雪まつりに変化したものが多くなっています。

以上、2月15日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました