2月13日の記念日・名字の日・日本遺産の日

2月13日の記念日・名字の日・日本遺産の日 2月の歳時記

2月13日には、そこそこの数の記念日が記念日が登録・制定されています。

213という数字からは語呂合わせは想像しにくいですが、実際にはどんな記念日が登録されているのか紹介します。

苗字制定記念日/名字の日

1875年(明治8年)2月13日に、明治政府が平民苗字必称義務令という太政官布告を出し、すべての国民に姓を名乗ることを義務づけたことに由来して「苗字制定記念日」「名字の日」とされています。

それまで日本国民の多くは名字を持っていませんでした。基本的に名字を持っていたのは公家・武士の支配階層と一部の許可された人のみでした。

1870年(明治3年)に「平民苗字許可令」が出て、誰でも苗字を使えるようになりましたが、あまり浸透せず、改めて1875年に義務付けたとされています。

明治3年9月19日(旧暦・新暦では1870年10月13日)の「平民苗字許可令」に因んで9月19日を「苗字の日」としています。

銀行強盗の日

なんとも物騒な記念日ですが、1866年2月13日、西部開拓時代のアメリカで、ジェシー・ジェイムズという若者が世界で初めて銀行強盗を成功させたということで「銀行強盗の日」とされています。

彼は「アメリカ西部のロビン・フッド」と呼ばれ、当時の人々の英雄的な存在だったと言われています。

気くばりの日

一般社団法人日本あいさつ検定協会が制定しました。

ただしなぜこの日であるのか等、詳細はわかっていません。

日本遺産の日

地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として認定する文化庁が制定しました。

ストーリーを語る上で欠かせない魅力あふれる有形無形のさまざまな文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し国内外に発信していく「日本遺産」に対する理解と関心を高めるのが目的となっています。

日付は「日本遺産」が地域の活性化を図るために観光振興を推進することも主な目的としていることから、ゴールデンウィークなどの旅行先選びに宣伝効果のある2月で、親しみやすく憶えやすい「にほん(2)いさん(13)=日本遺産」の語呂合わせとなっています。

豊後高田市恋叶ロードの日

大分県豊後高田市が制定しました。

同市の海岸線を走る国道213号線沿いには「縁結びのパワースポット・粟嶋神社」、「夕陽の絶景スポット・真玉海岸」、「花とアートの岬・長崎鼻」など、ロマンティックなスポットが点在しています。

そこでこのスポットを結ぶドライブルートを、恋が叶う道「恋叶ロード(こいかなロード)」と命名しました。

恋人同士はもちろん、多くの人が訪れるようになることが目的となっています。

日付は国道213号線から2月13日にしたそうです。

ちなみに恋人たちの愛の日「バレンタインデー」の前日にあたります。

土佐文旦の日

高知県の特産果樹である「土佐文旦」(とさぶんたん)の生産者、農協、県などで組織する土佐文旦振興対策協議会が制定しました。

高知県が生産量日本一の「土佐文旦」を、より広く全国にPRすることが目的となっています。

日付は2月が「土佐文旦」が旬を迎えて出荷量が増えることと、2を「ぶんたん」、13を「とさ」と読む語呂合わせからです。

NISAの日

年金加入者が自分の責任で資産形成のための賢い選択を行えるように、その効果的な教育を中立の立場で支援する特定非営利活動法人「確定拠出年金教育協会」が制定しました。

2014年から新しく、少額投資非課税制度、NISA(ニーサ)が始まることを記念し、その内容を広めるのが目的となっています。

日付は2と13で「ニーサ」と読む語呂合わせからです。

以上、2月13日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました