12月27日の記念日・浅草仲見世記念日・寒天発祥の日

12月27日の記念日・浅草仲見世記念日・寒天発祥の日 12月の歳時記

12月27日は、少ないものの記念日が登録・制定されています。

1227という数字の並びからあまり語呂合わせは想像できませんが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。

浅草仲見世記念日

1885年(明治18年)12月27日、浅草の仲見世が新装開業したことにちなみ「浅草仲見世記念日」とされています。

東側に82件、西側に57件の計139件が煉瓦作りで開店したそうです。

1923年9月1日の関東大震災で倒壊した後、鉄筋作りで再建されました。

寒天発祥の日

京都府京都市に事務局を置く「伏見寒天記念碑を建てる会」が制定しました。

京都の伏見が寒天発祥の地であることをアピールし、京都市伏見区御駕籠町近辺に記念碑を建て、啓発活動を行いながら寒天の発祥を祝い後世に伝えていくのが目的です。

日付は、現在の暦で12月末頃に初めての寒天の元となるところてんが御駕籠町で島津藩に提供されたと資料から推察できることとから12月、伏見=ふしみ(243)を「24+3=27」と見立てて27日、この月と日を組み合わせて記念日としたものです。

国際疫病対策の日

2019年からの新型コロナウイルスの大流行を機に、この日を疫病の大流行に対する備えの必要性を認識する日として、2020年12月7日に国連総会本会議によって可決されました。

ピーターパンの日

1904年(明治37年)12月27日、イギリスの劇作家ジェームス・バリーの童話劇「ピーターパン」がロンドンで初演されたことに由来して「ピーターパンの日」とされています。

以上、12月27日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました