12月25日の記念日・スケートの日・未来を担う水素電池の日

12月25日の記念日・スケートの日・未来を担う水素電池の日 12月の歳時記

12月25日には、非常に少ない記念日が登録・制定されています。

1225という数字の並びから語呂合わせから想像出来ませんが、クリスマスに因んだ記念日があるのかな?と想像出来ます。実際にどんな記念日が登録されているのか紹介します。

スケートの日

日本スケート場協会が1982年に制定しました。

各地のスケート場への入場料が安くなるところが多くなっています。

日付は1861年12月25日、函館に滞在していたイギリスの探検家トーマス・ライト・ブラキストンが、日本で初めてスケートをしたことに由来しています。

未来を担う水素電池の日

東京都中央区に事務局を置き、水素電池の技術や製品、システム開発などの関連企業によって組織される先進エクセルギー・パワー研究会が制定しました。

既存の蓄電池とは異なる優れた特性を持つ水素電池を活用することで、石油エネルギーから再生可能エネルギーと電池にと劇的な変化をもたらすことを多くの人に知ってもらうことと、その未来を実現させていくことを目指す企業等の熱い想いを後世に伝えていくことが目的です。

日付は同研究会が初めて会合を開催した2018年12月25日からです。

毎月25日が記念日になっているもの

月に限らず、毎月25日が記念日になっているものを紹介します。

プリンの日

牛乳や加工乳、乳飲料、ヨーグルトなどの乳製品メーカーで、岡山県岡山市に本社を置くオハヨー乳業株式会社が制定しました。

プリンの人気商品が多いことから制定したもので、日付は25を「プリンを食べると思わずニッコリ」の「ニッコリ」と読む語呂合わせから毎月25日としています。

以上、12月25日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました