4月11日の記念日・メートル法公布記念日・ガッツポーズの日

4月11日の記念日・メートル法公布記念日・ガッツポーズの日 4月の歳時記

4月11日には、少ないものの記念日が記念日が登録・制定されています。

411という数字の並びからでは語呂合わせは想像しにくいですが、どんな記念日が登録されているのか紹介します。

メートル法公布記念日

1921年(大正10年)4月11日、日本で改正「度量衡法」が公布され、法律によりメートル法を使用することが定められたことにちなみ「メートル法公布記念日」となっています。

それまでの日本は尺貫法という長さの単位に「尺(約30cm)」質量の単位に「貫(3.75kg)」が使われていました。

ただこの日以降も尺貫法は使われており、完全にメートル法が実施されたのは1959年(昭和34年)からで、尺貫法は1966年(昭和41年)3月31日以降から禁止されました。

ガッツポーズの日

1974(昭和49)年4月11日、プロボクサーのガッツ石松氏が世界チャンピオンになり、その喜びのポーズをスポーツ紙が「ガッツポーズ」と書き、広く知られるようになったことからファンが制定しました。

ガッツポーズの名はボウリング雑誌「ガッツボウリング」でストライクを出したときにボウラーがするポーズをガッツポーズと書いたのがはじめとされています。

ちなみにガッツ石松氏はインタビューで「自分の記念日が出来るなんて、オレも偉人だな」と発言したことがあるそうです。

しっかりいい朝食の日

グラノーラの日本トップシェアブランド「フルグラ®」を国内で展開するカルビー株式会社が制定しました。

新学期のスタートや入園、入学といった新しい生活が始まる忙しい4月にしっかりといい朝食をとってもらうのが目的です。

日付は「し(4)っかりいい(11)朝食」の語呂合わせからとなっています。

4月11日は「ガッツポーズの日」でもあり、しっかりいい朝食で元気にガッツポーズをという意味も込められているそうです。

以上、4月11日の記念日についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました