3月3日の記念日・耳の日・民放ラジオの日・オーディオブックの日・金魚の日・三十三観音の日

3月3日の記念日・耳の日・民放ラジオの日・オーディオブックの日・金魚の日・三十三観音の日 3月の歳時記

月と日が同じ日なる日は何かと記念日が増える日です。3月3日もいろいろな記念日が重なっています。

耳の日・民放ラジオの日・オーディオブックの日・金魚の日・三十三観音の日などがあります。

それぞれについて説明します。

耳の日

耳の形が3の字に似ていることと、み(3)み(3)の語呂合わせから、1955年に日本視聴覚医学会が創立し、1956年に社団法人日本耳鼻咽喉科学会が制定した記念日が耳の日です。

一般の人々が耳に関心を持ち、耳の病気のことだけではなく、健康な耳を持っていることへの感謝、耳を大切にするために良い音楽を聴かせて耳を楽しませてあげるために、あるいは、耳の不自由な人々に対する社会的な関心を盛り上げるために制定されたそうです。

民放ラジオの日

ラジオは耳で聞くものだからということで3月3日は「民放ラジオの日」として2008年1月に一般社団法人 日本民放放送連盟 ラジオ委員会が制定しました。

参考:民放ラジオ101社統一キャンペーン「ラジオで逢いましょう」の実施について 

ラジオそのものを聴く人もかなり減っているようですが、好きな人は今でも毎日聞いているものですが、民放ラジオ101社が加盟していることに驚きました。

オーディオブックの日

書籍を音声化して聞けるようにするオーディオブックですが、日本最大のオーディオブック運営サイトのFeBe(現・audiobook.jp)を運営する株式会社オトバンクが2010年に制定したのが、オーディオブックの日です。

耳で聴くということから3月3日が選ばれたとされています。

3月3日にオーディオブック33%OFF等のセールを行うこともあります。

金魚の日

かつて雛祭の時に、雛人形と一緒に金魚を飾るのが一般的だったそうです。

1990年に日本観賞魚振興会が3月3日を「金魚の日」として制定したそうです。

雛祭の関連イベントとして金魚を販売することが今でもあります。

三十三観音の日

三十三観音は1783年(天明3年)に刊行された絵師の土佐秀信が著した「仏像図彙(ぶつぞうずい)」という書物に所載のものですが、それから日本全国に三十三観音像像、三十三観音堂・三十三観音霊場といったものが作られました。

201年に三十三観音ネットワーク会議が「三十三」の「三 三」から3月3日を三十三観音の日と制定しました。

そのため、仏教とは一切関係ない記念日となっています。

結納の日

全国結納組合連合会が定めた記念日です。

結婚式の三三九度の音、桃の節句であることから3月3日にしたそうです。

ただ「結納の日」と言われても、結納をする日というようにしか思われないと思いますが、いかがですか?

サルサの日

サルサはラテン音楽の1つのジャンルです。

「303(ンマルサン)」から3月3日に有限会社サルサ・ホットライン・ジャパンによって制定されました。

日本だとそもそもサルサという音楽ジャンルがあまりメジャーでは無いため、あまり知られていない記念日となっています。

ポリンキーの日

「ポリンキー、ポリンキー、三角形の秘密はね、教えてあげないよ、ジャン」というCMソングをご存知の方も多いかと思います。

三角形の三が重なる日ということで株式会社湖池屋が3月3日をポリンキーの日と制定しあmした。

まだまだある3月3日の記念日

3月3日は33ということでいろいろな語呂合わせで本当に多くの記念日が登録されています。

例えば「ジグソーパズルの日」であったり、「三の日」、世界的には「平和の日」だったりします。

他にも

  • クレーンゲームの日
  • みよた壱満開の日
  • 三輪車の日
  • ささみの日
  • 春のちらし寿司の日
  • 3×3の日
  • くるみパンの日
  • 美熊くん誕生日
  • 耳かきの日
  • ビースリーの日

などがあります。

非公式(日本記念日協会に登録されていないもの)としてなら「サザンの日」や「釣りキチ三平の日」とか。

もう公式サイトが無いけど、定められたというものを探すと本当に多くの記念日が出てきますが、本当に今でも続いているのかな?と思うものがありすぎてびっくりします。

以上、3月3日の記念日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました