3月11日の記念日・コラムの日・パンダ発見の日

3月11日の記念日・コラムの日・パンダ発見の日 3月の歳時記

3月11日と言えば、どうしても東日本大震災を思い浮かべてしまう方も多いと思います。

記念日もそれに因んだものが多く、防災に対して意識を向けるべき日だと言えます。

3月11日の記念日を紹介します。

コラムの日

1751年3月11日、イギリスの新聞「ロンドン・アドバイザー・リテラリー・ガゼット(London Advertiser and Literary Gazette)」が、世界初のコラムの連載を始めたことに因んでコラムの日となっています。

今では新聞のコラムは当たり前に掲載されているものですが、250年以上前からあったと思うといろいろな小話は今も昔も暮らしに欠かせないものだったのかもしれませんね。

パンダ発見の日

パンダ

1869年3月11日、フランス人宣教師のアルマン・ダヴィッドが中国を訪れた際に、地元の猟師が持っていたパンダの毛皮を見たことから「パンダ発見の日」となりました。

当時、パンダの存在は中国の一部でしか知られておらず、更に白黒の毛皮は非常に珍しいこともあり、世界中に知られるきっかけとなりましたが、同時にパンダの乱獲問題へとなってしまいました。

今でこそ、パンダ外交と言われたり保護されていますが、何も規制されなかったら絶滅していたかもしれません。

写真のパンダは2012年3月11日のパンダ発見の日に上野動物園で撮影したものです。

おくる防災の日(防災用品を贈る日・送る日)

ネット販売を通じて自然環境や人、地域に優しい社会を目指すエールマーケット(ヤフー株式会社運営)が制定しました。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では多くの人が被害に遭った。この震災の記憶を忘れずに「防災用品や防災食を大切な人に贈る・送る」という「おくる防災」という習慣を社会に根付かせることが目的となっています。

防災用品の備蓄保有率が向上するように、より多くの企業、団体などが自由に記念日を活かしてほしいとの想いも込められています。

日付は東日本大震災が発生した日となっています。

防災意識を育てる日

インターネットテレビやFMラジオ局を運営し、東京・渋谷の「今」と「これから」を世界へ発信する株式会社渋谷クロスFMが制定しました。

日本で全国的な防災訓練が行われるのは1923年9月1日に起きた関東大震災を日付の由来とする「防災の日」ですが、台風シーズンと重なることから防災訓練が中止となることもあります。そこでどの世代にも記憶に新しい2011年3月11日に発生した東日本大震災の日に、その経験を風化させないためにも震災で得た教訓を次の世代につないでいき、家族や職場などで防災について話し合い、行動してもらうのが目的としています。

同社は毎年、この日に防災特別番組を放送し、被災地へのボランティア活動も積極的に行っているそうです。

おうえんの日

山下翔一(株式会社ペライチ)、柚木昌宏(bondclub)、高田洋平(マネバナ)の3氏が制定しました。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では多くの人が亡くなった。その日を忘れることなく、今生きている人たちが小さな一歩を踏み出そうとする人を愛を持って応援することで、人の優しさにあふれる日とするのが目的とされています。

いのちの日

2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災では多くの命が失われた。命の尊さを思い、命の大切さを考え、震災で学んだことを風化させることなく災害に備えようと「災害時医療を考える会(Team Esteem)」が制定しました。

災害時医療の改善を図るとともに、9月1日に防災訓練が行われるように、3月11日には健康、医療、災害時の体制などを考える機会を設けたいとの思いからとなっています。

以上、3月11日の記念日でした。なおサザエさんの磯野カツオの誕生日が3月11日となっているそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました